3兄妹ユニット一途(イチズ)official blog

2011年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ABOUT
一途

3兄妹ユニット
【一途(イチズ)】

くまひげ(鈴木 幸一) Blog
Music / Guitars
どんまゐ(鈴木 洋) Blog
Music / Vocal / Guitars / Arrangement
みっこ(鈴木 美智子) Blog
Lyrics / Percussions

CATEGORIES
RECENT ENTRIES

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

ARCHIVES

2011年3月 アーカイブ

いつもありがとうございます。

著作権フリーで制作した「The Music is Always in Your Hand」が、地元福井テレビの「自殺防止キャンペーン」のCMソングに起用されました〜!ありがとうございます!!まだ私はリアルタイムでは見れていないのですが、すでに放送は始まっているようです。

この曲は、「どんなに辛いときだって、孤独を感じたって、君には音楽という最強の友達がいるよ」というメッセージが含まれています。この歌が、心が折れかかっている方の耳に届くことを、心から、心から、願います。

そして、そのPVを公開していることは以前お伝えしたとおりですが、そのメイキングもあわせて公開を始めました♪

子どもたちが笑ったり、私たちが何度も失敗したり・・・。ちょとすべり台のシーンだけ説明しておきますと、女の子が滑ってきてきて、iPadで「10点」と3人が一斉に見せるのですが、最初は私が画面真っ暗で失敗。2回目はくまちゃんが真っ暗で失敗。3回目はどんまゐがトップ画面に戻って失敗、と、主役の女の子に大メーワクをかけた・・・というシーンです。メンゴちゃん(><)

放課後に撮影したので、辺りはどんどん薄暗くなってくるし、ちょとハラハラした撮影でした。プロのカメラマンさんのおかげで、みんなのキラキラした笑顔がばっちり撮れました♪ちなみに、このカメラマンさんは赤坂BLITZライブの写真を撮ってくれた方でもあります。

「ちょっと疲れた〜」と思ったとき「なんか寂しい」と思ったとき、是非ご覧ください。
心が少し変化すると思います♪

こちらのページから、楽曲もダウンロードできますので、CDに焼くなり、スマートフォンに入れるなり、パソコンに入れるなりして、是非お聞きくださいね(*^_^*)


いつもありがとうございます。

一途MUSIC主催で行われますライブのご案内です♪

■日程 3/27(日)
■時間 開場16:30 開演17:00
■場所 大阪 上新庄 ライブハウス39
■出演者 RED&WHITE(約1時間) / ゐ慕兄弟(約1時間)
■チケット 3/7 AM11:00〜発売開始
      前売り2500円 当日3000円(入場時1ドリンク別途500円)

【PCからのチケット購入はこちら】
【携帯からのチケット購入はこちら】
【ファミリーマートからのチケット購入はこちら】
※オールスタンディングのイベントの為お子様の入場は親御さんのご判断が必要になります。尚6歳以上は一般チケットをご購入となるそうです。

出演者のRED&WHITEも一途MUSICに所属しているミュージシャンで、実は、日ごろ一途の音響を担当してくれている岩崎と、大会場で行われる一途ライブで舞台監督&音響を担当してくれている、目黒さんが中心となったバンドです。

一途MUSIC社長のはっぴゐ氏が「一緒にライブをしませんか?」と声をかけたことが始まり、のように見えたのですが、実は前々からこの2人でバンドしよう、という話は持ち上がっていまして、その話は以前から私も耳にしていました。

岩崎は一緒に働いているので、彼の音楽に対する情熱や、音楽のパワーで家族の絆を取り戻したいと努力していたことはよくよく知っています。社長業と家族との時間を数分単位で大切にしていることも知っています。そこに音楽活動が入ったら、彼はもっともっと、いろんな面で力を発揮できることも感じていました。なので、今回のこのライブが決定したことは、私も自分のことのように嬉しいのです。

はっぴゐ氏から声をかけたとはいえ、ちゃんと一途MUSICの所属アーティストになるために、応募フォームからなども送ったようです。

このライブは、私も見に行きます。は〜何着ていこっかなー♪ふふふ。「レッドー!」とか「ホワイトー!」とか叫んじゃったりして(*^_^*)

みなさんも是非お越しくださいね♪一緒に盛り上がりましょう! 


いつもありがとうございます。
先日お邪魔させていただいた城崎小学校のみんなから、感想文が届きました〜!
カラフル〜♪

どんまゐブログにも写真付きで紹介されている通り、似顔絵や模様がカラフルに描かれています。一文字一文字、あの握手させてもらったまだ小さな手で、ギュッと鉛筆を握り締めて書いてくれたんだな〜と思うだけで、目が潤みます。

泣きそうになりながら話す私を見て、誰一人笑うことなく、他人の心(「そのままでいて」の主人公や私)に寄り添ってくれたみんな。
くまちゃんの芯を衝いた話に、食い入るようにして聞いてくれたみんな。
どんまゐの夢を叶える方法に、熱くなって聞いてくれたみんな。
そしてそんな子どもたちを育て、見守ってくださっている保護者の皆さん、先生方。この感想文を見ているとあの時のみんなの顔がありありと思い返せます。

では、一部ご紹介させていただきます。

1年生

一ずのみんなうたじょうずだね。
かっこよかったよ。
大すき。
ぜったいわすれないよ。
大きいこえでわかりやすかったよ。
またうたきかせてね。
かっこいいですね。

2年生

たのしいうたをありがとう。とってもうれしかったです。とてもえがおもよかったです。わたしにもゆめはあります。このうたをぜったいわすれません。たのしいうたをありがとう。とってもうれししかったです。とても、えがおもよかったです。わすれないからまた、たのしいうたをつくって、がっこうにコンサートをひらきにきてね。まってるよ。わたしも、がんばるから3人も、がんばってね。

3年生

一途のみなさんの歌はとてもキレイです。歌を聞いて一番スゴイと思ったのは「このままでいて」です。よくわからないけどとてもすごかったです。わたしのとこも3人姉弟。わたしは長女です。一番上のおねえちゃんです。わたしは弟と妹がいます。一途のみなさんみたいになかのよい兄弟でいたいです。

4年生

一途のみなさんコンサートとてもよかったです。じさつをなくす事やいじめをしてはいけない、ことがとてもよく分かりました。歌はほん当によかったです。くまちゃん、どんまいさん、みっこさん。またどこか行くときはがんばってください。おうえんしています。

5年生

一途のコンサートがとても楽しみでした。始まったときはとてももりあがっていてもっとたのしくなりました。歌が始まる前にしっかりとその歌の説明をしてくれるので、どんな歌かよく分かりました。ありがとうございました。とてもみんなが手びょうしをしていてもりあがっていました。また「ラララ・・」とみんあで言っていてとても楽しかったです。これからもいろいろなところに行ってもりあげてください。ありがとうございました。

6年生

先日はとてもすてきなコンサートをして頂き、ありがとうございます。歌の前に題名の意味などを話してくれたのはとてもいい勉強になりました。くまちゃんの話はおもしろかったです。歌はとても感動しました。「一人の人にインタビューをして、歌を作るなんてすごい!」と 思いました。あの歌全部が3人で作ったなんて信じられない、ぐらいスゴイですね。トークと歌、まるで道徳をしながら、音楽をしているみたいですね。手びょうしをしている時は自分も3人の中に入っているみたいで楽しかったです。パソコンのブログも見ておきます。これからもがんばって会社もコンサートもがんばってください。


みんなみんな、本当にありがとう!!
一途は城崎小学校のみんなが大好きだよ〜!!!


いつもありがとうございます。

3/3(木)は、私達の母校である鳥羽小学校にお邪魔させていただきました♪「6年生を送る会」が行われ、そのイベントの中でトーク&ライブをさせていただきました。

体育館、職員玄関、中庭、廊下、階段、目に入ってくるものすべてが懐かしく、全力で毎日を過ごしていたあの時へと、一気にタイムスリップしちゃいました〜♪

体育館で行われた「6年生を送る会」は、私達も参加させていただいたのですが、みんなかわいかったー♪
6年生を送る会

1年生から5年生が、今までお世話になった6年生にお礼の言葉やプレゼントを渡し、6年生からも、これからの応援を込めてプレゼントを渡す、という内容で、5年生が中心となって、練習してきたことを上手に発表していました。

6年生はというと、やはり背も大きくて、少し大人びた印象です。6年間の成長って、目を見張りますね〜。

さて、今回のセットリストはこちらです。

1.そのままでいて
2.Let's Go!
3.君の明日へ
4.ぼくのゆめ
5.鳥羽小学校 校歌(アンコール)

全校生徒530人に向けて、思い切り歌わせてもらいました。私達もこの小学校を卒業したんだよ〜というと「えー!」という声がわいていました♪会社を作って、今はこの音楽活動もしている、という話は、みんな真剣に聞いてくれました。

ステージ

予定していた4曲を歌い終えると、まさかのアンコールが先生から発せられました♪「ぜひ校歌を歌ってください」とのことで、ギターはコードがないと弾けないので、音楽の先生にピアノを弾いてもらって子供たちといっしょに歌いました♪案外覚えているもので、一つ一つの言葉に「こういう意味だったんだ〜」と今更ながら深く感心したりしました。

そしてプレゼントもいただいちゃいました!
2年生が作っている越前カンタケと、5年生が育てているお花です♪(逆だったかな??ゴメンなさい!)
ありがとう!

(越前カンタケは、さっそく夜ご飯の時にいただきました〜!歯ごたえも香りも、バッチリ、美味しかったです♪)


機材の撤収後は校長室にて、なんと一緒にお給食をいただいちゃいました!感激ー!こんなこと、もうずっとないものだと思っていました。ひな祭りの日だったので、ひなあられ付き☆菜の花があったり、ちらしずしだったり、お野菜もたーーっぷり、とっても美味しかったです♪
おいぴーーーー!!!

実はここの校長先生が、くまちゃんが教育実習に来たときに指導員として担当してくださった先生で、二人は再会をとっても喜んでいました♪くまちゃんは本当にたくさんのことを教わったそうで、私も憶えているのですが、あの頃家に帰ってくると「今日は先生にこんなことを習った」ということを話してくれました。最後にもらった先生からの手書きのメッセージは、教員を目指す間、何百回と読み返し、心の支えにしていたそうです。

校長先生は、「鈴木君みたいな人に先生になってもらいたいと思ってたの。とっても熱い人でね」とおっしゃって下さっていました。
教員にはなれなかったけれど、子どもとかかわる人形劇や、一途などで学校を巡っています。形を変えて夢が実現できててよかったね(*^。^*)

くまちゃん、どんまゐ、私のアルバムを見せていただいたり、懐かしい先生との思い出話や今どうされているのかなど、話に花が咲きました。

こうやって「楽しかった」と言える小学校時代を過ごさせてもらって、あらためて両親に感謝、そして先生方に感謝ですね。子どもたちみんなが、将来にワクワクした希望を持ち、大人子ども関係なく、チャレンジすることで人生はいくらでも楽しく転がっていくってことを学んで行ってもらえたらいいなと思います。

鳥羽小のみんな、お友達と毎日楽しく過ごしてね♪
またお邪魔させてくださ〜い!

追伸:日刊県民福井新聞に記事も掲載いただきました♪ありがとうございます!
↓クリックすると大きく表示されます。
T記者さん、ありがとうございます♪


いつもありがとうございます。

3/7(月)は、五岳園うぐいすの里さんを慰問させていただきました♪広いフロアにお雛様が飾られており、職員さんは「まだ片付けていなくて〜」とおっしゃっていましたが、私は久しぶりにじくり見ることができてラッキーでした(*^_^*)

お雛様の前で

次々と職員さんがおじいちゃんおばあちゃんを連れてきてくださり、半円で私たちを囲むように(つまりほとんどみんなが一番前の席になるように)してくださいました。

この日のセットリストはこちらです。

・七つの子
・夕焼け小焼け
・雨降りお月さん
・宝探し(一途)
・ふるさと
・仰げば尊し
・ぼくのゆめ(一途)
・上を向いて歩こう

みなさん大きな口を開けて歌ってくださいました〜。雨降りお月さんは、私が主に歌ったのですが、途中メロディーが分からなくなっちゃって。でもおじちゃんおばあちゃんが代わりに歌ってくれました♪あ〜こういうの嬉しい〜(*^_^*)
いつも感じるのですが、歌も中盤になると、ほんのりお顔がピンク色になって、心なしか表情も和らいでくるんです。言葉ではなく、表情で「次は何歌う?」と語りかけてくださっているようです(*^_^*)

終わってからも涙の止まらなかったおばあちゃんもいらしたようです。懐かしい歌を歌うと、それを聞いた当時の場所や人など思い出が一気によみがえります。すっかり忘れていたことでも、ありありと思い出して驚いたりします。音楽の力って、何かを呼び覚ますものでもあるのかもしれませんね。

みんなと一緒に歌います♪

くまちゃんにとって、この老人ホームが実は思い出の場所です。高校生のとき、ホームルーム委員だった彼は、クラスで千羽鶴を折って、おじいちゃんおばあちゃんに届けよう、という企画を出し、みんなで折ってみたものの数が全然足りなかったそうなんです。そこで読売新聞さんにお願いしたら、取材に来てくださり、記事にもしてくださって全国から大量の折鶴が集まり、それに糸を通して、無事届けることができたそうです。

全国版の読売新聞に、ちょっと大きめのサイズで何回かシリーズで掲載されていたので私はよく覚えていたのですが、くまちゃんはすっかり忘れていたらしく。。。ライブも後半にさしかかったところで、「あ!そういえば、僕ここに来たことある!!」って話していました。よかったね思い出せて。

人生って、思い出作りでもあるんだな〜と思いました。楽しいことも、辛いことも、「いい思い出やな〜」って思い返せるように生きたいと思います♪

うぐいすの里の職員さん、おじいちゃんおばあちゃん、ありがとうございました〜♪


本日、3月11日15時頃に、

宮城県、茨城県を中心に強い地震が発生しました。

お住まいの地域は大丈夫ですか??


次々と入ってくるニュースに鳥肌たてて、気持ちは焦るばかりです。

私は、心の中で、みなさんと手を繋いでいます。


どうか、ご無事でありますように。。。


いつもありがとうございます。

3/9は、地元の進徳小学校にて、トーク&ライブをさせていただきました♪全校生徒、280人の参加で、オープンスクールの日とあって、数十名の保護者の方々もお集まりくださいました。

上から撮影してくれました

機材の搬入後、リハーサルをしていると、時々子どもたちの顔がチラホラ。「こんにちは!」とか「今日がんばってください!」なんて声をかけてくれて、とても嬉しくなりました。

テーマは「伝えよう、みんなの優しさを」だったので、今回のセットリストはこちらです。

1.ここにおいで
2.HUG
3.君の明日へ
4.愛の星を守り継ぐ者

どんまゐの声がのびやか!

お友だちに優しくすれば、お友だちも優しくしてくれる、地球にも優しく、ありがとうの気持ちを伝えよう、というトークをしながら歌いました。

子どもたちは、しっかりこちらを見つめ、話をきき、時に笑ってくれたので、私たちも同じようにみんなを見つめて歌いました。最後の「愛の星を守り継ぐ者」は、一緒に手拍子をしてもらいました。変則的なのですが、私のタンバリンを上手に真似をしてしっかりリズムを刻んでくれました〜♪1、2年生の子は身体を揺らして曲に乗ってくれていました(*^_^*)かわいかった〜♪

全ての演奏が終わってからは、6年生のバレー部の男の子がステージにあがって感想を行ってくれました。そして女の子が花束を渡してくれました♪

握手したら、すごくいい手してました!

ステージから降りて、椅子を抱えて教室に戻る子どもたちをハイタッチして見送ったのですが、み〜んな目を見て「ありがとうございました!」と言ってくれました。この「目を見る」って、本当に大事ですよね。どんな気持ちも、目を見るから伝わります。進徳小学校の、この「目を見て挨拶」には、しびれました。この姿勢を、ずっと大切にしてほしいなと思います。

校長室で、校長先生と少しお話をさせていただいてから、ステージの撤収をしたのですが、そのとき、体育館の上のほうで、大きく拍手をしながら聞いてくれていた子が手を振っていたのですが、ひさみちゃんが「おいで〜♪」と声をかけてくれました。すると、すごいスピードで走ってきてくれて、「手伝ってくれる?」と聞くと、「ハイ!」と元気なお返事!

ステージにあるものを、機材車近くの出口まで運んでくれました。重いものもあったのですが「大丈夫!」と。ポンポン会話も弾むし、テキパキ動いてくれるし、どんまゐは「ウォンツで働かないか?」とスカウトしていました(*^_^*)みんないい子です♪

外に出ると吹雪いていたのですが、心はポカポカで帰ることができました。

校長先生をはじめとした先生方、保護者のみなさん、進徳小学校のみなさん、ありがとうございました〜!

教頭先生が、学校のブログにも掲載してくださいました♪


追伸:
本日より、弊社ウォンツでは被災者のみなさんへの募金箱を設置し、スタッフが自由に入れられるようにしました。
私は自販機で飲み物を買うたびに同じ額を、たまのお弁当を買いに行くときに同じ額を入れようと思います。
その時は、被災地のみなさんの笑顔を思い描きます。


いつもありがとうございます。

大きな被害がニュースで伝えられ、心が締め付けられています。

ニュースを見れば見るほど、恐怖におののき、心配しすぎて息が苦しくなり、

どんどんと闇に入っていく感覚でいました。


でも、人々が助け合いたいと願い、実際に行動し、全世界からも

次々と支援を名乗り出てくださる様子に、少しずつ目を開かせてもらいました。


リーダーとして、不眠不休で全力で職務に取り組んでくださる

皆々様、言葉通り命がけで作業をしてくださっている皆様には、

本当に頭が下がるばかりでです。


自分にできることとして、とにかく義援金を少しでも多く、

とそればかり思う中、茨城で被災された方からメールをいただきました。

無事を伝えてくださると同時に、

「皆様もお体に気をつけて無理しないで活動して私達の励みになってね。」
とメッセージをいただきました。


「励み」この言葉に、はっとしました。一途の役割は励ますことだと。

なのに、メンバーの一人でもこんなに沈んでいたら力になれない。

そう思ったとたん、内から湧き上がる力を感じました。

私は幸運なことに、被災せず、身体も健康で、力になりたいと願っている。

すべてそろっているじゃないかと。あとは動くだけじゃないかと。


また、一途だけではなく、個人として被災者の方々の役に立てるとすれば、

という考えも深めることができました。


義援金はもちろん。

活気ある、経済活動をします。

それがさらなる義援金を生み出すことになります。

そして、日常にある会社と生活を守ります。

被災者のみなさんがちゃんと戻ってこれる場をつくるために。


一途として、歌います。

デイサービス慰問はもちろん、学校ライブも

3/21のライブも予定通り行い、

被災者のみなさんに想いを込めて歌います。

遠くからお金を払って足を運んでくださるお客様が

さらにエネルギーを充填し、「もっと人生楽しむぞ!」

そして「もっと被災地を応援するぞ!」と

いう気持ちになってもらえるよう、気合を入れて歌います。


ブログにもその様子を記録していくことが、

被災者の方々への励ましになることを信じています。

(ライブでは募金活動もさせていただきます)


しかし、「チケット代を募金に回したいので、今回は参加を見合わせる」

という素晴らしいお気持ちも、もちろん尊重し、大賛成で承ります。

地球に根っこをはり続けてきた人間は、

これからも同じように存続していきます。

負のスパイラルに負けない元気魂を持って。

疲れちゃった人に手を差し伸べる優しさと強さを持って。

「つらい」とこぼしてもらえるような包容力と許容力を持って。

何より、「生きてて幸せ♪」と思え、わかちあえる瞬間を数多く作るために。


この被災を受け、もしくはニュースとして知り、

一度空洞になった心であっても

「生きようよ、そのために、まず自分が元気になって、

それを渡していこうよ」と言える人が

少しでも増えてくれることを祈っています。

同じ深みに入って寄り添うことも、とっても大切ですが、

時には元気な人が、元気なままで「こっちにおいでよ」と呼ぶことも、

等しく大切だと思うのです。

と、人生経験が浅いなりの考えを書いてみたものの、

浅いんだからまだ他にもありそう、と思っています。

「励みになること」をこれからも考え続け、

「コレ!」と思う応援には、ダッシュで取り掛かります。


日常でも、いつもより笑顔で(*^_^*)

いつもより元気に♪


いつもありがとうございます。

3/17(木)は、地元の新横江児童センターにて、「卒業生を送る会」が保護者の方々によって開かれ、その催しの一つのコーナーに一途が歌を歌わせていただきました。

卒業式が終わって、向いにある児童センターに集まり、みんなでお昼ご飯を食べたあとということで、みんなとっても嬉しそうではしゃいでいました(*^_^*)

セットリストはこちらです。

1.GrowUp
2.Let's Go!
3.ONENESS
4.君の明日へ
5.ぼくのゆめ(アンコール)

新横江児童センター

大きな地震があったけど、誰が助けるんだと思う?の問いかけに静かになりました。
地震を受けていない、私達の出番。例えば、お小遣いから少し募金箱に入れるだけでもいい。1円出すだけでも、1億人が出せば1億円になるよ、と話したら「いちおくえん!!」とおどろく声も上がりましたが、みんな納得してくれたように思います。

卒業生を送る会

歌っている時、近くにいた女の子が、じっと耳を傾けてくれていることがとても嬉しかったです。ライブが終わり、いったん控室に戻ったのですが、その間子どもたちはゲームをして景品などをもらっていたようです。撤収に降りると「サインちょうだい!」と大勢が声をかけてくれました。もらったばかりの景品にサインをしていたら、女の子が寄ってきて「握手してください」とはにかみながら言ってくれるので、私もちょっとはにかみつつ「よろこんで♪」と握手をさせてもらいました。

そしてまた別の女の子は「これ、あげます」と飴ちゃんをくれたりして、とっても嬉しかったのでした♪

みんな、楽しい中学校生活を送れるよう、勉強も部活動もがんばってね♪
児童センターの職員さん、お世話になりましてありがとうございました〜!


いつもありがとうございます。

先月行われました大阪ライブですが、なんとなんと、ライブの様子を、Mちゃんがまとめてくださいました〜!2部構成になっております。

三兄妹ユニット一途  大阪ライブLOVE&PEACE〜part1〜

三兄妹ユニット一途  大阪ライブLOVE&PEACE〜part2〜

リハーサルから本番、新曲披露などてんこもりの内容です。ちょーっとお恥ずかしいシーンもあったりしてでお目汚しになるかもしれないのですが(てへへすみません)、その時のテンションの高さなどもそのまま表れていると思います。Mちゃん、忙しい中本当にありがとうございます!!!どんどん凝ったつくりになっていってるので、毎回驚かされます〜。

どんまゐの咆哮を、くまちゃんの笑顔を、私のつたないMCを、どうぞご堪能下さいませ!

そしてMちゃん、尊敬しています。ありがとうございます!


いつもありがとうございます。
3/3に私たちの母校である鳥羽小学校でライブをさせていただいたのですが、みんなから立派な感想文をいただいてしまいました〜♪

立派なファイルに!

一部をご紹介させていただきます☆

1年生
一ずのみなさんへ
わたしは、うたをきくのが大すきです。
わたしの一ばん大すきなうたは、ぼくのゆめのきょくです。
コンサートをしてくださってありがとうございます。
またとば小学校でうたってください。

2年生

いちずのみなさんへ
きのうは本当にあった話を、歌でやっているなんて、はじめてききました。
歌も聞いていたら、なきそうでした。
これからさきナゴヤでもほくのゆめやレッツゴーがんばってください。
(※名古屋でライブをするよ、というトークを覚えてくれていたみたいです♪)


3年生

わたしは、一途さんのコンサートで、すごくゆうきをもらいました。そのわけは、楽しくて、歌がとってもじょうずだったからです。一番覚えているのは、むしされた時は、自分からどうしてむしするのかを聞くことです。わたしも、むしされた時は、自分から言うようにします。本当にありがとうございました。

4年生

一番最初にいろんな人に、いろんなことをきいて歌を作っているなんてすごいなと想いました。でも30さいの女の人に「いまでもわすれないつらいことは」ときいて「いじめ。」とこたえて、わたしは、その人は、とても、小学生の時つらい思いをしたんだな、と思いました。でも友だちが、その女の人をたすけるのは、とても友だち思いだと思います。わたしも、そんな友だちもほしいし、そんな友だちになりたいです。またそんな歌を聞かせてください。また鳥羽小学校に来てください。

5年生

ドカンとはじける曲がいっぱいで心がピカピカにひかりました。夢がみえてきたような気がしました。特に「レッツゴー」を聞いたときは「よっしゃ」と思いました。鳥羽小出身なんてびっくりしました。まつやんを知っていたのもちょっとびっくりでした。あんなに自分達のがっこうのことを覚えていたり、三兄妹本当に一途さん達はびっくりすることがいっぱいあるなと思いました。
最後に校歌を一緒に歌った時は、今までの中で最高の校歌だと思います。
鳥羽小学校にきてくれてありがとうございました。

6年生

きのうは、6年生を送る会ですばらしい演奏をしていただいて本当にありがとうございました。歌を聴いて、心がジーンときたし、感動しました!一途さんが、1人の人の話を聞いて、曲を作詞・作曲をしていると聞き、ビックリしました。
一途さんの曲は、人の感情や思い出など、人の気持ちでできているんだなぁと思いました。
一途さんの一生けん命に歌っている姿を見て、私はうれしかったです。私達のためにこんなに一生けん命になってくれているんだなぁと思ったからです。一途さんの、ブログ、見ますね。ありがとうございました。

学年ごとにイラスト入りです♪

----

みんな素晴らしい感想をありがとうございます!!中には、おそらく同級生と思われる人のお子さんからも感想文をいただいたりして、「続いている命」を実感させてもらいました。人間てすごいですね。

印象的だったのは、どんちゃんの一生懸命さに感動した、かっこよかった、という声がたくさんあったことです。そう、人は一生懸命だからかっこいいんです。どんちゃんが怠けることばかり考えている人だったら、ぜんぜんかっこよくないですよね。

鳥羽小のみんなも「一生懸命」に生きてみてください。お友達の心を一生懸命に考え、一生懸命に勉強し、一生懸命に遊び、一生懸命にゴハンを食べてください。お友達も、先生も、お父さんお母さんも、みんながびっくりするくらい応援してくれますよ(*^_^*)

そうすると、未来が楽しみになります。そう、「未来を楽しくする」のは自分の力も大切なのです。

私達大人も、めっちゃがんばるからね。みんなが社会に出たときに失望しないよう、夢を叶えられる舞台を作れるよう、頑張ります。だからみんなもロケットダッシュがきれるよう、「一生懸命」に生きてください。

中谷校長先生をはじめとする先生方、鳥羽小のみんな、本当にありがとうございました!またお会いしましょう〜♪


いつもありがとうございます。

3/21(月・春分の日)は、名古屋芸術劇場にてライブをさせていただきました。この時期のライブということで、主催者さんは相当考え抜かれた決断だったと思います。しかし、「やってよかった」という全員一致の感想で終えることができました。

機材セッティングの後、楽屋にてリハーサルを待っていたら、主催者であるKさんが来られました。知り合いの方がヘアメイクができるとのことで、みっこさんどうですか、と。立候補してくださっているんですか?と聞いたら、ハイ、とのことなので喜んでやっていただくことに。

今回はライブスタッフとして来られたゆりかちゃんという女性ですが、そんな特技をお持ちなら、とHさんがご提案くださったようです。名古屋出身の方で、今は東京にて働いておられ、エクステや編みこみを専門にされているそうです。小一間出来上がったのがこちら!
「コーンロウ」というのだそうです
すごすぎるー!まさしく髪技です。見る人みんな「すご〜い!」って写真を撮ってくださいました♪やってみたいわ〜という方はこちらからどうぞ♪e-shop

リハーサルが始まり、一通り演奏します。新曲もあるので慎重に行いました。お昼ごはんをいただいたあと、ロビーにてお出迎えをさせていただいたのですが、そこには被災されているはずのSさんご夫婦の姿が。。。家の外側だけが残った、というお家になりながらも、震災の日から看護士として仕事に出た奥様は、今日のライブにも、いつもの笑顔でいらしてくださったのです。そして「大丈夫!」と私を見ておっしゃってくださるのです。

「今回はやめておく」という選択もできたはずなのに、名古屋までバスを乗り継いでやってきてくださったのです。言葉をなくす私に、いつもは寡黙な旦那様が教えてくださいました。

「しょうじき、つかれています。水も出なくてね、やっと昨日、知り合いのところでお風呂にはいれたんですよ」と。

今すぐにでも何か力になりたいのに、私には水道をひくことも、家の中を片付ける手伝いも、今後の生活を保証できるようなことも、何一つできないと、はがゆい思いになりました。。。

開演時間となり、くまちゃんと私は舞台袖に、どんまゐはステージに立ちました。

うたさんの歌に号泣・・・
今回は、歌川たいじさんとゐ慕兄弟がゲストとして2曲ずつ演奏をしてくれました。私はずっと舞台袖にいたのですが、うたさんの「よわくてつよい」に嗚咽してしまうほどに涙が。

「ぼくらはよわくてつよい こわいものばかりだけど 生きてゆく」

そう、生きていくんです。信じられないような恐怖を知り、絶望を見た上で、泣き顔のままで扉に手をかけ、生きていく。被災していない人間も、やるせなさ、無力感、悲しみ、それらに涙を流しながらも生きていく。それが人間なんだって思えて、その強さにひたすら心が震え続けました。Sさんご夫婦がまさしくこれをしてくださっているんだと。いえ、きっと多くの方々が、こうやって生きていこうとしているんだと思いました。

うたさんのステージが終わってから、くまちゃんがステージに上がりました。

この世に生まれてきてくれた人すべてに

「ちょっといいですか?」とギターを持ち、静かに話しはじめました。

「大きな地震があった3月11日は、実はどんまゐの誕生日です。そしてはっぴゐくんの誕生日です。そして3月22日はうたさんの誕生日です。
今から、バースデーソングを歌いたいと思うんですが、大きな地震に遭い、命をなくした方々もいらっしゃる日です。ぼくは、その亡くなったかたが「生まれて来なければよかった」って思っていてほしくないんです。
だから、この会場にいる皆さん、亡くなられた方に向かって歌ってください。「生まれてきてくれて、ありがとう」という気持ちを込めて歌えば、きっと届きます。聞いてくれています。」

そんな挨拶のあと、みんなでバースデーソングを歌いました。これはKさんが考えた、この3人へのサプライズプレゼントでした。巨大なケーキも登場し、3人はとても喜んでくれました。
ありがたくいただきました
人の役に立つために全力を尽くしている3人です。生きているからできることを、より意識した誕生日だったのではないかと思います。

次に、ゐ慕兄弟の出番です。

ゐ慕兄弟
ボーカルのららばゐさんの優しい声が、会場の隅々まで届きます。「I情(あいじょう)」と「You情(ゆうじょう)」という歌を歌ったのですが、どんまゐが、はっぴゐさんに聞きました。
ど「はっぴゐ、アルファブロガーであるうたさんのブログにも載ったよね
は「?はい・・・。」
ど「どんな話だったっけ。ほら、お友達のね。」
は「はい・・・」
ど「(忘れてるのか?)友達ってさー、君にとってどんなもの?」
は「ともだち。・・・いいやつ。」
ど「(アカン忘れてる)うん、いいやつやけどさあ、ほらエピソードあったやん?道路で歩くとき」
は「あああーーーっ!!!ハイ!」
ど&ら「遅いわー!」

そんなはっぴゐさんのおかげで、会場も笑いに包まれました。


いよいよ一途の出番となりました。3人そろったところで、司会の方も一緒にステージに上がりました。ほよよ?と思っていると「実は一途さんにサプライズプレゼントがあるんですー♪」と。なんと、私達の両親が登場!父は紋付の羽織袴、母はいつもよりちょっとステキ目のお洋服で。そして、ご来場くださった皆様から寄せ書きをしていただいた一途家紋(実は家紋なんです)の旗をいただきました!
サプラーイズ!

父は司会の方に促されるままに、会場のお客さまにご挨拶をさせていただきました。ちょと面食らっちゃったので話はぜんぜん覚えていないのですが(じーじごめん)、いただいた感想の中には「お父様のご挨拶が一番感動しました」というお声もあったので、なにやらしっかりしたことをお話していたようです。「キムタクみたいに伸ばすんだ」と言っていた髪を切り、頭を丸めてきていました。その間、母は私に耳打ち。「みっこちゃん、あたまかわいいね♪」と。

父の話が終わった後、司会の方が「お母様もぜひ一言ください」とマイクを渡したのですが、母は緊張マックスになりつつ両手でマイクを握りしめ、「ありがとうございます」とだけやっと言えました。

2枚の旗!

そしてステージの天井からも、身内からのメッセージが書かれた旗が掲げられました。い、いつの間に用意したのかしら!?これまたHさんからのサプライズプレゼント。

この次々と繰り出されるこのサプライズに嬉しすぎて動揺したのか、くまちゃんは自己紹介で「こういちくまひげです」と言っていました(正しくは「鈴木幸一、芸名はくまひげです」)。

自己紹介を終えたところで演奏を始めました。今回のセットリストはこちらです。

1.あなたの息子として
2.君の明日へ
3.Let's Go!
4.ひとつのあかり
5.そのままでいて
6.Like a Dragon
7.ここにおいで
8.謳歌
9.ぼくのゆめ
10.オカン
11.愛の星を守り継ぐ者(アンコール)

1曲目の「あなたの息子として」は、初披露する曲でした。親から愛されることも、大切にされることもうっとおしく感じ、さらに母親の真面目さや垢抜けない様子が恥ずかしく、苛立って暴力をふるい、罵声を浴びせ、東京へと出て行った田舎の若者の歌です。母親は、乳癌で片胸をとったにも関わらず全身へと転移し、苦しみ抜いてひっそりと命は消えていきます。でも母親の純粋な愛情は一生変わることはありませんでした。それを知った彼は大きな大きな後悔を背負います。でも、その背負った重みで、この世界に大きな足跡をつけて生きてやる、という決意が入った歌です。

非常にアグレッシブで、今までの一途とはまったく正反対にあるような曲調なのですが、私はこれこそ彼の心の中を見事に表すメロディだと感じています。本当にどんまゐはすごい。

どんまゐ

「Like a Dragon」は、被災地にて命を張って全身全霊で救出活動をしてくださっているレスキュー隊の皆様、消防団の皆様、自衛隊の皆様、海外から応援にいらしてくださった皆様、知力を尽くしている政府の方々に向けて歌いました。この歌が龍の背中に乗って被災地へと飛び、それぞれの身体の中に入ってパワーとなってくれますように、とイメージしながら歌いました。歌い終わったあと、どんまいが「届けた!」と断言もしてくれました。

次に歌った「ここにおいで」は、被災され、家をなくし、愛する人をなくし、宝物を失った方々に向けて歌いました。被災したにも関わらず、時間をかけてお金をかけていらしてくださったSさんご夫婦に捧げました。

ラストソング「オカン」を歌った後、すぐに「アンコール!」の声と手拍子がなり始め、ありがたく「愛の星を守り継ぐ者」を歌わせていただくことにしました。

くまちゃん

今まで地球に生きてきた人間は、こんな震災があってもやはり地球と生きていきます。今だからこそ、地球へこれからもよろしく、という気持ちで歌いたいと思いました。どんまゐが「今回の地震は、地球は「ごめん」って思っているように思えてならない。地球が「人間をやっつけてやる」と考えてやったとは思えない。だから、人間はやはり「守り継ぐ者」として、地球とともに存在し続けていく道を探していくのだと思う」と話してくれたあと、「ではいきましょう」とくまちゃんが鳴らしたのは、曲の途中からでした。あわてて止めるくまちゃん。そして一言。

「わ〜びっくりした、ちびっちゃうとこだった」

と言ったところでどんまゐが思い出話をしてくれました。先日、母校の鳥羽小学校にてライブをさせていただいたとき、3人のアルバム&文集を見せていただいたんです。私は巨峰が成長していくのが楽しみ、という文章でした。未だに植物大好きです。どんまゐは父と行った北海道への元服旅行のことでした。未だに旅が大好きです。そしてくまちゃんは、「おしっこちびった」系の文章だったのです。未だそれは変わらず・・・。

というところで、会場の皆さんと一緒に笑うことができました。どんまゐは「よかったー!オレみんなと一緒に笑いたかったの!くまひげくんありがとう〜!」って。くまちゃんも「う、うん、よかったね〜」って。(*^_^*)

一途

こうして皆さんと一緒に笑い、歌い、祈り、ライブは幕を下しました。帰りはお見送りをさせていただいたのですが、「初めて来ました」とおっしゃってくださる方が多いこと。何でこのライブを知ったのかを聞いてみると、「うたさんのブログから」とおっしゃる方がほとんどでした〜。さすがアルファブロガーです。皆さんとても穏やかで、たおやかで、こちらが癒されました。

このお見送りの時に、Kさんから感謝の気持ちが入ったプレゼントをお渡ししました。ポチ袋に1つずつ入っていたものは、こちらです。
ストラップです♪

手作りのストラップ。赤がどんまゐ、青がくまちゃん、緑がみっこをイメージして作られています。何色がもらえるかはお楽しみ♪

そしてSさんご夫婦もお見送りさせていただいたのですが、旦那様が「ぼく疲れたって言ってたでしょ?今ね、信じられないくらい、元気なんです。疲れが吹っ飛びました。こんなに元気をもらったのって、生まれて初めてです」って笑顔でおっしゃってくださいました。

そして奥様は「みっこちゃん、さっき娘からメールがあってね、家に水が来たんだって!ヽ(*゚O゚)ノ」と! 手を取り合って「やった〜!!」って喜びました。「歌が通じたのかもね〜」「きっとそうだよ〜」って。嬉しかった。。。

みっこ

震災で辛い目にあっている方も、そのほかで苦しい思いをされている方も、会場にはおいでです。少しずつしかお話はできないのですが、歌によって元気が出たよ、とおっしゃってくださるかたは本当に多くいらっしゃいます。少しでもお役に立てれば、人間としてこんなに嬉しいことはありません。


このライブは、本当に意義のあるライブだったと感じています。主催者のHさんは、先月の大阪ライブにもいらしてくださったのですが、実はその日の夜に脳梗塞で倒れ、緊急入院をされます。この時点で、名古屋ライブは危ぶまれたのですが、お医者様も驚くほど驚異的な回復力をもって、開催数週間前に復活されたのです。

Kさんの周囲には強力なサポーターがおり、全ての準備はライブ当日にはちゃんと間に合わせることができました。時間のない中、本当に大変だったと思います。ありがとうございました。

ご来場くださった皆様も複雑な思いで来られている方、「やめようと思っていたけどやっぱり来ました」という方、決意を持っていらしてくださる方、皆さんそれぞれ胸に思いを持っていらっしゃっていました。それを皆で感じあい、心を一つにし、被災地を助けていくのは自分である、という自覚を新たにしたような気がします。

歌が何の役に立つ、娯楽に過ぎない、という考え方もあると思います。私はその考えを生み出すまでの歴史を想像することしかできませんが、尊重します。

同じレベルで、私は音楽の力を信じています。聞きたい、とおっしゃってくださるなら、是非とも演奏させていただきたいです。被災地にて歌を届けられたらと、今その道とタイミングを模索しています。どうにか、一日も早く力になれればと思います。

地球に住まう私達が、音楽を友とし、人生を謳歌できますように。
そして子どもたちが輝ける未来を築く舞台を、1日も早く創れますように。

主催のKさんをはじめ、実行委員の皆様、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!!

スタッフさんとパチャリコ

追伸:このライブで義援金の募金箱を設置させていただきましたところ、46,544円が集まりました。皆様のお志、しかと受け取りました。こちらは、3/24に日本赤十字社を通じて寄付させていただきました。ありがとうございました。
↓クリックすると大きく表示されます。
領収証


いつもありがとうございます。

宝物です♪

1/29にトーク&ライブをさせていただいた清水北小学校のみんなから、先日感想文が届きました〜♪これは宝物!

みんな、一生懸命に書いた文字で、心で感じたことを言葉にしてくれていました。本当にありがとうございます!

少し紹介させていただきますね。

1年生

きたしょう学校にきてくれてありがとう
どんまいさんのうたごえがとてもおおきくて
たいいくかんぜんたいにひろがっていました。
たのしかったのは、どんまいさんと
みんなでラララをうたったことです。

2年生

くまひげさんや、どんまいさんや、みっこさんの歌は、
とてもきれいでした。
ぼくは自さつの歌をきいて、
ぼくば、自さつはぜったいしないぞ、と思いました。
とくに、うまいなあ、ぼくも歌ってみたいな、と
思った歌は「ぼくのゆめ」です。とてもいい歌を
歌ってくださってありがとうございます。
とてもじょうずすぎて、とても、のりやすかったです。
きゅう食のときにききました。
とてもいい音楽ですね、いつになってもわすれたくありません。

3年生

一途さんへ
わたしは、今日のコンサートで、一途さんたちに
いろんな大切な事を学びました。
とても、声やひき方に心がこもっていて、
聞いている時、心がいやされます。
わたしは小さいころからずっと歌手になりたいと思っていて、
一途さんのように、しょう来心のこもった温かい歌を
歌いたいです。
今日のこのコンサートで勉強になりました。楽しかったです。

4年生

きれいな歌声ありがとうございました。感動しました。
わたしは、一途さんの曲を聞いてあらためて命というものが
とても、大事なんだ!!と思いました。またきかいがあったら
きれいな歌声を聞かせてください。
わたしは、大人になったら、命は大事ってことを
みんなに、みんなに伝えたいです!

5年生

一途のコンサートは、最初の音楽はとても温かい音楽で、
心が温まりました。二つ目の音楽は、
インタビューをして音楽を作るなんですごいと思いました。
その音楽は、とても体全体が温まりました
とてもいい音楽でした。一途さんたちは、
心がきずついている人をなおす人だちだと思いました。

6年生

私は一途さんのコンサートを聞いて、元気が出ました。
どんまいさんの歌声をきいてどんまいさんの歌声は、
すごいなぁと思いました。私は歌をうたうことはすきだけど、
あんなに歌から元気をもらったことは初めてです。
兄弟で歌をうたうということは、すごくイイことだなぁーと思いました。
今日の一途さんのコンサートはとても楽しかったです。


自分の夢を書いてくれる子がいたり、カラフルに絵を添えてくれる子がいたり、読ませてもらっているあいだ中、ずっと笑顔でした。

とっても印象的だったのをもう一つだけ紹介させてください。

わたしのなりたい仕事は、ケーキ屋さんです。
わけは、食べたらえがおになるからです。
これを考え付いたのは、2才のたん生日の時です。
みんな、いいえがおで食べていたからです。
わたしはえがおが大好きです。
だから笑顔をつくっていきたいです。


情景がありありと思い浮かべることが出来ます。「笑顔が好き」という気持ちがとっても素敵です。

夢を教えてくれてありがとう。君ならできるよ。


地域の方々に愛されている子どもたちが、このまままっすぐに育ち、自分もお友達も大切にしていける人になってくれたらと思います。

ご尽力くださったNさん、保護者の皆様、本当にありがとうございました!



ページ内検索

ウォンツグループサイト
創業者3兄妹ブログ
最強スタッフブログ
DVD講座ラインナップ
RSS
Powered by
Movable Type 4.1