3兄妹ユニット一途(イチズ)official blog

2011年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ABOUT
一途

3兄妹ユニット
【一途(イチズ)】

くまひげ(鈴木 幸一) Blog
Music / Guitars
どんまゐ(鈴木 洋) Blog
Music / Vocal / Guitars / Arrangement
みっこ(鈴木 美智子) Blog
Lyrics / Percussions

CATEGORIES
RECENT ENTRIES

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

ARCHIVES

2010年9月 アーカイブ

いつもありがとうございます。

もうすぐ始まる「Honda Cars 若狭プレゼンツ 一途 - oneness - 全国ツアー2010」ですが、お客様全員にプレゼントさせていただく「夢叶う手拭い」が完成いたしました〜!!

じゃ〜ん!

ツアー発起人の河村社長が、HondaCars若狭の社歌であるONENESSから選んだ「やがて大きな夢叶う」という一節を、くまちゃんが筆を使って心を込めて書き上げました!

重厚なタッチで、すんごくかっこいい〜〜〜!!!
ツアーの会場人数分しか制作しておりませんので、弊社ユンちゃんが「欲しい!!!」と言ってもデザインした岩崎氏が「欲しい!!!」と言っても「じゃあお客様になって会場にいらっしゃいな」としか言えませんぐふふふ。

すでに福岡、仙台、名古屋に関してはチケットはソールドアウトとなっておりますが、まだ若干名余裕があるところもありますので、お近くの方はぜひ遊びにいらしてくださいね♪

チケットの購入はコチラからどうぞ♪


いつもありがとうございます。

いよいよ始まりました「Honda Cars 若狭プレゼンツ 一途 - oneness - 全国ツアー2010」!おかげさまで、9/3(金)に福岡にて迎えることができました〜!

いや〜何が大変て、4日間会社をあけることになるので、段取りをし必死こいてお仕事したことでしょうか〜。「あの仕事がまだ・・・ってことはあの方にご迷惑が・・・」なんて思いながらライブはしたくなかったので、ウォンツスタッフの力を借りて、なんとか終わらせて、気持ちよくこの日を迎えることができました☆イェイ!(´∀`)みんなありがとう!

というわけで、無事に福岡空港へと到着し、美味しいラーメンを食べてから、早速スタジオへと向かいました〜♪
おいしかったーん♪

スタートを切る場所は、福岡市中央区天神にあるHART BEAT SIDEというライブハウスです。
いいお天気!

到着後、一途は早速セッティングと音作り、
いい音っすね〜!

ツアースタッフは全員でグッズ販売の準備をします。
ムービー撮る嵯峨ちゃん

ライブハウスの音響さんもナイス腕前で、とっても丁寧にテキパキと調整してくださるので、音作りはスムーズでした♪

さ〜18:00になっていよいよ開場です。たくさんの方々がいらっしゃって下さいました〜!鹿児島からいらしてくださった方や、双子さんでバンド活動をされている方、そうそう、「ぼくのゆめ」の絵を描き、見事ジャケット背面を飾った男の子も来てくれました〜!キャー会いたかったよ〜!!

18:30になり、開演です。ツアー実行委員長であるHonda Cars 若狭さんの嵯峨君によるご挨拶。心臓の音が周りに聞こえるくらいにドキドキしながら、一生懸命に挨拶をしてくれました。

今回のセットリストはこちらです。

Like a Dragon
ひとつのあかり
ぼくのゆめ
仰げば尊し(文部省唱歌)
歩き続けよう
Peace!
Grow Up
そのままでいて
謳歌
ONENESS
愛の星を守り継ぐ者(アンコール)

以上11曲です。まだ小さいお子さんもいらしていたのですが、最後までライブを見ていてくれました。ありがとうね!

お揃いのユニフォーム

さて、ここは「Peace!」のお話をさせていただきたいと思います。

すーっと前に一途メルマガにて歌詞だけ公開したことのある曲で、まだCDにはなっていないのですが、約1年くらい前のことでしょうか。30代の男性にインタビューをして作らせていただきました。彼の好きなことは「人の笑顔を見ること」だそうで、生活も仕事もそのためにしているような印象を受けました。

でも、何かを犠牲にするわけでもなく「喜ぶと思ってやっただけだよ〜ん♪」「そのほうが面白いもんね〜あはは〜☆」と、あくまでも気軽で自然体。

彼のような人が、平和を呼ぶのかもしれない、とさえ思わせてくれました。

ここに歌詞もご紹介させていただきますね。

 【Piace!】

 君の笑顔を見るために
 作戦と実行を繰り返す
 ひるまずにトライ&エラー
 笑ってくれたら、それでPeace!

 照れず惑わずあきらめず
 まずニッコリ微笑みかける
 まず手を差し伸べる
 それができたら、自分にPeace!

 君が喜んでくれたら・・・
 君が笑ってくれたら・・・
 そして「ありがとう」って言ってくれたら・・・

 どれくらいワンダフルな人生になるだろう
 可能にするのは自分自身
 1人から始まるWorld Peace!

 --

 多くの知識と経験は
 多くの人と繋がるツール
 あけっぴろげでトライ&エラー
 共感できたら、それがPeace!

 人から何を言われても
 悩む前にやってみればいい
 失敗は次に生かす
 七転び八起きでPeace!

 人と解かり合えたら・・・
 人を助けられたら・・・
 そして「ありがとう」って言ってくれたら・・・

 どれくらいハピネスな世界になるだろう
 可能にするのは人間自身
 自分から始めるWorld Peace!

 --

 いつも廊下に立たされてた僕
 黙って宿題見せてくれたのは
 いじめられてた女の子

 君に教えてもらったのは
 誰もが人を喜ばせる力があって
 誰もがそれを受け取れるんだってこと

 僕にとって、誰よりも君が美しく見えた

 --

 人と解かり合えたら・・・
 人を助けられたら・・・
 そして「ありがとう」って言ってくれたら・・・

 どれくらいハピネスな世界になるだろう
 可能にするのは人間自身

 自分から始めるWorld Peace!
 一人から始まるWorld Peace!

 
--以上です。

さてこの曲は、なんと、くまちゃんがメインボーカルを務めました〜!どんまゐはエレキギターとコーラス、私はタンバリンとコーラスです。くまちゃんと共通点がたくさんあるこの曲は、「大好き!」な曲だそうで、本人もごきげんさんでした♪

曲調もノリノリウキウキ、私も大好きな曲です。福岡のみなさんにも喜んでいただけたようでとってもハッピーな時間となりました♪


足を運んでくださったみなさん、ツアースタッフのアミちゃんシブちゃん嵯峨くん、音響の皆さん、おかげさまでいいロケットダッシュを切ることができたと思います!本当にありがとうございました〜!

【Honda Cars若狭さんのスタッフさんによるライブレポートも是非ご覧ください♪】


いつもありがとうございます。

さて、福岡ライブの2日後、9/5(日)は沖縄県です!やってまいりました大好きな沖縄〜!

ちょっと前置きをよろしいでしょうか。書きたい書きたいと私の両手が言うもので書かせてくださいねえへへ。お店の接客が実に素晴らしかったんです〜!とあるお店でお昼ご飯を食べようと、タクシーで到着したのが開店22分前の11:08分(細かいっ)。さ〜どうしようか、とタクシーの中で相談を始めると、中からお店の方が出てきて

「どうぞ〜♪ちょっと待ってもらうけど〜♪」

と笑顔で迎え入れてくれました。わ〜ありがとうございます〜などみんな口々にお礼を言いつつ席に座ります。メニューを見ている間に店員さんみんなで朝礼をし、準備を整えたのちに

「お待たせしました〜すみませんね〜、メニュー決まった?」と聞きに来てくれました。

それぞれにメニューを伝えると「ゴーヤはいいの?ここにあるのよ」と見逃していたところを教えてくれたり、「ヘチマも人気よ〜」と教えてくれたり。私たちが地元の人じゃないと察してそんな風にフォローしてくれます。やさしい〜(^.^)

沖縄そば〜!

そして出てきたゴハンを、美味しくモリモリいただいているときのこと。スタッフが「テビチ(豚足の煮つけ)にかじりついていると、通りかかった店員さんが「それ美味しいでしょ〜!私だいすき!」と大好きコール!
そんなこと笑顔で言われたら、スタッフだって「私も大好きです!!!」とお返しちゃいます。(*^▽^*)

満腹になった頃には、外は豪雨。タクシーを呼んだのですが、そこに乗るほんの1メートルくらいでズブ濡れになる予感満載。タイミングを見計らっていると店員さんが傘を出してくれました。それで雨をしのいでタクシーに乗り込みます。

私たちの「ありがとうございましたー!」という声と同時に「これも持って行って!!」と傘をくれました。傘、くれちゃいました。。。

タクシーの中で「リピーターになる!なりたい!」「私だって!」と店員さんの素晴らしさをたたえあいました。なかなかできることじゃないんですよね〜。懐に入った接客って。否定されるのってこわいですもの。でも「気に入られようとコビヘツラウ」接客ではあとでしんどくなります。

「いいものはいい、だからすすめる」という当然な流れの接客ができるって素敵だな〜って思いました。いくつかお店に行ったのですが、どこもそんな雰囲気で、居心地がどこに行っても100%大満足なのでした♪


はい、長すぎる前置きで失礼いたしました〜。

さっ、ツアー2か所目となります場所は国際通りにあります高良レコード店の2階、ROCK in OKINAWAさんです!なんとこのレコード店とファイブハウスはご兄弟で運営されているそうですよ〜(*^。^*)

高良レコード店さん♪

グッズのセッティングが終わったHonda Cars 若狭さんのスタッフさん、シブちゃんアミちゃん嵯峨君は、「まだ席に空きがあるので、チラシをまいてきます!」と外へ。小雨の降るなか、頑張ってくれました〜!(T_T)感謝です〜!


いよいよ18:30を迎えて開演!ライブはHonda Cars 若狭さんのスタッフさん、シブちゃんのあいさつから始まります!

シブちゃんナイススピーチ!

ゆっくり、気持ちを込めて、この沖縄にてライブができる喜びを語ってくれました。裏で「うんうん」と3人で頷きながら聞かせてもらい、いよいよステージに上がります。

沖縄ライブのセットリストはこちらです。

Like a Dragon
ひとつのあかり
ぼくのゆめ
ふるさと(文部省唱歌)
歩き続けよう
Peace!
Grow Up
そのままでいて
謳歌
ONENESS
愛の星を守り継ぐ者(アンコール)


沖縄の方はですね〜、本当に素朴であたたかいんです。うんうん、と頷き、1曲目から手拍子をし、MCのときには歯を見せてニッコリ微笑み、まるでみんながお母さんのようでした。つたないMCも「うんうん、わかるよそうだよね」という感じ。ずっと「それでいいよ」と言われているようでした。おかげさまで、のびのびと演奏させていただきました〜。

ほんわかムード♪

最後は、アミちゃんがご挨拶をし、シブちゃんと嵯峨君もステージに呼んで、この経験をさせてくださったことへの感謝の言葉を伝え、みんなでお辞儀をしました。

アミちゃんとタクシーで少し話したのですが、ライブハウスも初めて、同じ社とはいえ働く場所が違うためにここまで話すことも初めて、ツアーも初めて、グッズ販売も初めての、初めてづくしだけど、この世界を知れてよかった!とおっしゃっていました。晴れやかな笑顔で。一途が「好きで歌っている」だけではないこと、「お客様に見ていただく舞台の裏を知り体験する」こと、どれも彼女にとって素晴らしい体験となったようで(でも素晴らしい、と決めてくれたのはアミちゃんです)私たちもうれしい限りです。


翌日ホテルロビーにてサプライズプレゼントがおめめに飛び込んできました!!!

全国版日経新聞!!

全国版の日経新聞に掲載されてる〜〜〜!!!!

大喜びで記念撮影をパチャリコ♪

やったー♪


取材してくださった記者さんに感謝!しかも、この沖縄にて記事を見れたことにこれまた大感謝!


思い出深い沖縄ライブとなりました〜。

国際通りという、観光客がいっぱいの場所にも関わらず足を運んでくださった地元のみなさん、ROCK in OKINAWAのスタッフさん、ツアースタッフの皆さん、本当にありがとうございました〜!

最後に空港にて記念撮影をして、福岡、沖縄ライブの幕は閉じたのでした♪
帰りの小松空港にて

【Honda Cars若狭さんのスタッフさんによるライブレポートも是非ご覧ください♪】


いつもありがとうございます。

9/19(日)は広島県広島市西区にあります、行者山 太光寺 にてライブをさせていただきます〜。

太光寺さんのサイトにあった写真なのですが、本当に素敵な場所!晴れるといいな〜(*^v^*)
見晴しが抜群!

アクセスについては、主催者さんが「会場のご案内☆」ということで、写真入りで解説してくださっておりますよ〜。ぜひご参考くださいね♪

広島ライブのテーマは、「we are all 1 」
2部構成で、

1部…一途トーク&ライブ
2部…広島ドラムサークル(パーカッションアンサンブル)

となっております。

ドラムサークル??という方は、これまた主催者さんのサイト「広島公演 ドラムサークルとは」をご覧くださいね♪
初チャレンジなので一途メンバーもとても楽しみにしております〜!みんなで盛り上がりましょう☆


一途ライブも、ドラムサークルも、どちらも小さなお子様大歓迎♪です。

ご興味のある方はぜひご参加くださいませね♪

お申込みはこちらからどうぞ☆

お会いできることを、楽しみにしておりま〜す(*^ー^*)/


いつもありがとうございます。

Honda Cars 若狭プレゼンツ 一途ONENESS全国ツアー2010ですが、次は東京と札幌で〜す!
8か所の会場でも一番キャパが大きい東京は、残席あとわずかとなっております。お時間が合う方は是非ともご参加くださいね♪
そして札幌はまだ余裕がありますので、お友達、ご家族も一緒に遊びにいらしてくださいね☆

遊びにいらしてくださった方全員に「夢叶う手拭い」もプレゼントさせていただきま〜す。


チケットのお申込みはこちらの公式サイトからどうぞ〜♪

全力でプレイします!お会いできることを楽しみにしておりま〜す!(*^▽^*)


いつもありがとうございます。

9/15(水)は福井県越前市にあります大虫小学校に行って、トーク&ライブをしてきました。

体育館

さかのぼることまだ寒い2月、大虫小学校のPTAさんが当社に来られ、大虫小学校が100周年を迎えるにあたって、応援歌を作ってもらえないか、という依頼を受けました。

喜んで〜!ということで、歌詞作りからすべてが完成するまでに半年かかってようやく完成!

いよいよ今日がお披露目の日だったのです。
お披露目〜♪

90分の時間をいただいたので、下記の歌を歌わせていただきました。

・涙のプリズム
・そのままでいて
・虹色プラン
・ぼくのゆめ
・証
・Grow Up
・Like a Dragon
・Let's Go!(大虫小学校応援歌)

「ぼくのゆめ」を歌う前に、みんなに聞いてみました。

「今、夢を持っているひとー!」
「はーい!(約8割)」
は〜い!

こんなに夢を持っている子がいるなんてスゴイ!ためしに、何人かに聞いてみたのですが「お花屋さん」「おもちゃ屋さん」「ビデオ屋さん」「芸人さん」とみんなハキハキ元気に答えてくれました!全校生徒がいる前で自分の言葉を発するって、なかなかできないことだと思うのですが、大虫の子たちは素晴らしいですね〜。もう目がずっとキラキラ!

どんまゐが「夢を叶える方法ってみんな知ってるか?秘密だけど教えてあげる」
というとみんな興味深々。

「それは周りにいる人を大切にすること。お友達、家族、先生、みんなを大切にすること。いいところを探して、それを認めて、大切にするんだぞ」

と言ったあとに、くまちゃんが一言。

「ちょっと難しいことを質問していい?世界が平和になるには、どうしたらいいでしょうか?」

シーンとなったところに、低学年の女の子が手を挙げてくれました。聞いてみると、

「みんなが周りの人を大切にすること」

「そう!!大正解!!よくわかったね!ということは、夢を叶えて行けば世界が平和になるんだよ」


しっかりと私たちの話を聞いてくれていることがまた嬉しくなります♪

こんな会話のあと、「ぼくのゆめ」のコーラスをお願いしたら、本当に大きな声でコーラスに参加してくれました!元気いっぱいの美声はステージまで聞こえてきて鳥肌モノです。

そして最後になっていよいよ「Let's Go!」です。
スクリーンには歌詞が!

この曲は、完成してすぐに学校にお渡ししたのですが、毎朝みんなでこの歌と手拍子を練習してくれていたそうなんですが、私たちが作った歌を367人が同じ歌を大きな口をあけて歌い、手拍子をし(中には足踏みをする子も!)一途も全力で演奏し、歌いました。体育館が揺れるんじゃないかと思うほどに曲が響き渡りました。

終わってからみんなで拍手をしている時にどんまゐが一言。

「みんな、もう1回歌いたい?歌いたい人ー!」
「ハーイ!(ほとんどみんな)」

「実は、今のは練習です。」
「???」

「みんな、ここに何台かカメラ来てるよね。これ、テレビ局やでっ!」
「えーーーー!!!」

急に色めき立ち、カメラに向かってピースサイン&ジャンプ。

「今から歌うのが、夕方のニュースに出るかもしれん。歌うか?」
「うたうーーーー!!!」

ということで、本番スタート!
盛り上がる〜!
1回目よりも声は大きく、手拍子も一糸乱れず、はりきり笑顔で歌ってくれました。その様子がもうまぶしくってまぶしくって。

こんないい歌だよ♪
歌うと元気になるよ♪
みんなと歌うと楽しいよ♪

そんな子どもたちの感情が渦を巻いているようなライブ会場と化した体育館は、最高潮の盛り上がりとみんなの熱気で、夏の夜の花火が打ち上げられたようでした。


終わった後の校長先生のご挨拶も感動的で、「今でも胸がドキドキして、足が震えています。みんなの応援歌が本当に素晴らしかった!!」と子どもたちに語りかけてくださり、子どもたちもその最高の評価にすっごく満足そうな笑顔でした。
笑顔も素敵♪

では、ここにその歌詞を掲載させていただきますね。


【Let's Go!】作詞/作曲 一途

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!(繰り返し×2)
 
Let'sGo! Let'sGo! 

緑が芽吹く春は新しい扉をあけよう

つまづくことをおそれずに

隠れた宝を見つけよう

失敗もいいさ、それが人間

ほら鳥が歌いながら見ているよ

いま勇気を出して(勇気を出して) 勇気を出して

Let'sGo! Let'sGo!  Let'sGo!
 
Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!


川も輝く夏はめぐる太陽と遊ぼう

パワー全開出し切れば

転んだ痛みも思い出に

からだでわかる、それも人間

ほら風が走りながら見ているよ

いま涙をふいて(涙をふいて) 涙をふいて

Let'sGo! Let'sGo!  Let'sGo!
 
Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

Go! Go! Go! Go! ×3


実を結ぶ秋は自然の命を学ぼう

大昔から続いてきた

土と共に生きる方法を

育て愛する、それが人間

ほら花が揺れながら見ているよ

いま元気を出して(元気を出して) 元気を出して

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

雪に覆われる冬は友と夢を語ろう

小さな憧れ 叶う未来

いつか旅立つその日まで

迷っていいさ、それが人間

ほらみんなが優しく見ているよ OhYeah!

いま笑顔で進め(笑顔で進め) 笑顔で進め

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!
    
Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

いま勇気を出して(涙をふいて)

元気を出して(笑顔で進め)

いま勇気を出して(涙をふいて)

元気を出して

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!

Let'sGo! Let'sGo! Let'sGo!


-------------------------

この歌詞には、全校生徒のお父さんお母さんが願う、子どもたちへのメッセージがたくさん込められています。


今回歌詞を作るにあたって、資料としてお借りしたのが「100周年を迎えるにあたってテーマとなるタイトル」を募集された時の結果です。飛翔、とか、輝き、といったタイトルとともに、どんな風に子どもたちが育っていって欲しいか、という言葉もたくさんありました。


その資料を何度も見返し、書いてみたり、校長先生にお話しをうかがったり、6年生を送る会、というのを学校中で見せていただいたり。そして大虫という地区(1400年もの歴史のあるところです)に何度か出向き、歴史を肌で感じたり、有名な山に登ってみたり、校庭に座ってサッカーに励む子どもたちや、幼い子を遊具で遊ばせる親の姿を眺めたりして作りました。


知れば知るほど魅力的な地区でした。

あちこちにそびえる木々が本当に大きくて、人々が「この木を切らずに残す」という選択をし続けてきたことを感じたり、2本の杉が鳥居のようになっているところに水がわいており、横根観音として大切にされていたり、また家や畑や田んぼも、どれも綺麗に整えられていて生活の基盤を大切にすることを連綿と受け継がれていることも感じました。


きっと山や川や木々や土は、この大虫地区の人々のことを大切にしているんだと思います。
なぜなら、人々が、山や川や木々や土を、とても大切にしているから。
互いに守りあい、助け合っており、それが脈々と受け継がれているのだと思います。だから1400年もの歴史があるのでしょう。

そんな大虫地区に育った子どもたちと一緒に歌えたことは、私たちにとっても大きな感動でした。子どもたちが、私たちの全力を引き出してくれたのかもしれません。


撤収しているときも、わざわざお礼を言いに走ってきてくれたり、握手をしに来てくれたり、塾の窓から手を振ってくれたり、一人で玄関で靴を履いてた子も大きな声でお礼を言ってくれたり、帰り道に車が通ると「ありがと〜〜!」と声をかけ、手を振ってくれました。

喜んでもらえて、この曲を「いい!」と言ってくれて、本当によかった。。。幸せです。
10月には、100周年記念式典が行われ、そこでも一緒に歌わせていただく予定です。その日が今から楽しみです♪


最後になりますが、今回大変なご尽力をいただきましたPTA会長さん、スタッフのみなさん、先生方、素晴らしい機会をくださったことに、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

【追伸】

この日の夕方、福井テレビの夕方のニュースでライブの様子が放送されたそうです♪

翌日にはたくさんの新聞に掲載していただきました♪記者の皆様、ありがとうございました!
以下の画像をクリックすると、大きく表示されます♪

福井新聞さま
福井新聞


読売新聞さま
読売新聞


県民福井さま
県民福井

中日新聞さま
中日新聞


いつもありがとうございます。

9/9(木)は地元のケアセンター、みどり荘さんにてトーク&ライブをさせていただきました♪

みなさんお元気♪

この日はウォンツスタッフ全員が集まる会議の日でもあったので、おじいちゃんおばあちゃんが歌によって心をオープンにしてくれる様子を見てもらおうと、スタッフ全員でお邪魔させていただきました。

大勢の方が集まってくださったのですが、スタッフは椅子に座って歌を待つおじいちゃんおばあちゃんの間に入り、声をかけておしゃべりをしてくれました。皆さんとっても優しくお話ししてくださったそうです〜(*^ー^*)

セットリストはこちらです。

・ふるさと(文部省唱歌)
・ラブレター
・仰げば尊し(文部省唱歌)
・ぼくのゆめ
・夏は来ぬ(文部省唱歌)
・宝探し
・上を向いて歩こう(坂本九さん)

仰げば尊しを歌う時、天を仰ぎ、涙をこらえながら歌うおじいちゃんを見ると、その想いが胸に迫るようで私も涙。きっと私が想像する何十倍もの大きな思いが心を埋めているのでしょう。

宝探しのMCでは「宝物だと思える物を持っている、そんな人こそが宝物なのだと思う」という話に、近くにいたおばあちゃんが、ニッコリ微笑んで胸のあたりで小さく拍手してくれました。
「そう、その通りよ」と優しく言ってくれているようですごく嬉しかったです。私もこんなおばあちゃんになれるといいなあ。(*^.^*)

最後の「上を向いて歩こう」は盛り上がりました〜!最近よく歌わせてもらうのですが、この手拍子がみなさん本当にお上手!リズムにのって大きく手をたたいてくださいました。手をたたけない方は、ひざをたたいたり、かかとで床をトントンしたり、またウォンツスタッフも場所を変えたり、目を見合わせながら一緒に手拍子をしてくれたり(するとおじいちゃんおばあちゃんも頷きながら手拍子♪)して、とっても盛り上がることができました!

終わってみると、おじいちゃんおばあちゃんのほっぺは心なしかピンク色。機材を撤収する時も、ひっきりなしに声をかけてくださり「ありがとの〜たのしかったわ〜」「また来ての〜」と嬉しいことを言ってくださいます。


スタッフたちからもいろんな感想をもらいました。
隣に座っていたおばあちゃんが「もっと前に行こう」と誘ってくれたとか、無表情だったおじいちゃんが最後にはすごくノリノリになっていたとか、みんなの心が一つになっていることを体験した、などなど。中には「純粋にライブを楽しんでしまった」というスタッフも。それも嬉しい感想です♪


いつもは仕事中ということもあって同行してもらえるスタッフは1人だけなのですが、全員であの場を共有することができてよかったな〜って思います。ますますウォンツが心一つになるといいな♪

ここで歌うチャンスをくださったみどり荘さん、本当にありがとうございました!
また一緒に歌いましょうね〜♪


いつもありがとうございます。

9/19(日)は広島県行者山大光寺さんにて、「we are all one」をテーマにトーク&ライブをさせていただきました!

素晴らしい眺望!
いいお天気です♪

お天気もよく、厳島まで見えました〜。女性の神様が横になっているようなシルエットをしているそうですよ。

まずは準備です。
広い〜!

よく見ると後ろにピンクのドラムセットがあります〜(*^-^*)これはあとのお楽しみ♪

準備の後、この素晴らしい景色を眺めながら3人でここが焼け野原だったんだね、という話をしました。原爆を落とされた広島。その事実。今の私たちができることはまだ少しですが、「戦争は絶対にしない」という誓いを胸に、手を合わせました。

さて、いよいよ開演時間です。
主催者の上野さんのご挨拶を横で聞かせていただいたのですが、とっても落ち着いていて、皆さんに語りかける言葉選びが本当にもお上手。お客様も聞き入ってくださっていました。

今回のセットリストはこちらです。

・ONENESS
・そのままでいて
・謳歌
・ぼくのゆめ
・Like a Dragon
・宝探し
・ラブレター(アンコール)

テーマが「we are all one」ですので、やはりこの曲「ONENESS」からスタートさせていただきました!
全身全霊で演奏します

ここにいるみんなが、広島県のみんなが、日本中のみんなが、ひとつになれますように、と願いながら演奏しました。二度と大きな悲しみを生みませんように。勇気をもって平和の道を選べますように。

40代、50代の方が多かったのですが、みなさん真剣に耳を傾けてくださいました。

そして「宝探し」では、主催者さんの旦那様でもあるトムさんにドラムをたたいてもらいました♪ピンクのドラムはこのためだったのです〜。トムさんはドラムサークルというイベントを何度も開催されている方なのですが、その活動を通して心を一つにすること、その喜びや認め合う素晴らしさ(正確には、思い出す、なのかもしれません)を伝えてくださっています。

ドラムが入った「宝探し」は、音に厚みが生まれ、いつもとは違う素敵な演奏となりました。いつもいてくれたら。。。という希望が頭をよぎります。てへへ。トムさん、ありがとうございました!楽しかったです♪
トムさん!

このライブの模様は、主催者さんブログでも詳しく掲載されておりますので、ぜひご覧くださいませ♪
【we are aii one ☆☆ライブレポート☆☆】

ドラムサークル(ドラムの輪)ライブ終了後、少し休憩をさせてもらってから第2部「ドラムサークル」に参加させていただきました!

ドラム同好会、という意味合いではなく、輪になってドラムをたたく、というイベントです。

イスが円に並べられ、そこに様々な打楽器が置いてあるのです。部屋に入ると、すでに数人の方が太鼓をたたいており、一途メンバーもバラバラに座ります。ちなみにくまちゃんはカウベル、どんまゐは小太鼓、私はマラカスを選び、さっそく鳴らし始めました。お客様も思い思いの場所に座ってその楽器を打ち鳴らし始めます。

最初はおそるおそる、目立たないよう、小さな音になるように〜…、という感じなのですが、次第に自分で自分の音が聞こえるくらいの大きさになり、動きにも慣れが出てきます。こうなると、目を閉じて耳に集中する人や、周りを見てリズムを観察する人や、お友達と一緒に来ていたりすると、見せ合いっこしてウフフ♪と笑いあったりします。

ここでリズムに乗ったトムさん登場!私たちは音を鳴らしたままでトムさんをじっと見つめます。すると彼はこのリズムに乗ったままで席を半分に区切り、見事に半分の楽器をピタリと止め、残りの半分の音を聞かせてくれます。

「こんな音があるんだ〜」と純粋に感動する私。聞き惚れているとまたトムさんがそのリズムに乗りながら「みんなでどうぞっ!」という合図で全員が鳴らし始めます。これがまた気持ちいいこと。

トムさんの合図で、私たちは呼吸を合わせました。みんなが出す音を聞き、みんなが刻むリズムを感じ、自分の腕を使って楽器をたたき音を出しました。この時間によって、みんなと仲良くなれたような気がして、終わってしまうのが惜しい気持ちになっていました・・・。


最後に、円を4つに区切り「we」「are」「all」「one」を言うグループに分け、リズムに乗せて順番に言いました。楽器でも、自分たちの声でも、音楽を奏で、それが自然と認め合うことでもあったのです。

この【呼吸を合わせることに喜びを感じられる】ことは、ひょっとして人間誰しもが持っていることなのではないかな、と思いました。こうやって楽しく教えてくれたトムさんに感謝です。

この様子はトムさんのブログに掲載されておりますので、どうぞご覧ください。
【ドラムスピリット we are all 1】


このご縁を作ってくださった上野さんご夫婦に、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!
きっと、またお会いしましょうね〜(*^▽^*)


いつもありがとうございます。

福井青年会議所さんが企画された「ふくい人の力大賞」というものに、一途も受賞いたしました〜♪

これはスポーツや文化など様々な分野で、地域的、社会的に大きく貢献している県民が対象だそうです。

地元の福井新聞にも掲載されました〜♪(9月26日)
9/25の福井新聞

いただいた賞状はこちらです。
賞状♪

9/25は札幌ライブのため、この表彰の式典には参加できませんでしたが、ビデオにて出演させていただきました♪

選んでくださった福井青年会議所の皆様、ありがとうございました。
これからも一途は福井県を本拠地にして、全力で歌を届けていきたいと思います。

頑張りま〜す!

立派な盾もいただきました〜!



ページ内検索

ウォンツグループサイト
創業者3兄妹ブログ
最強スタッフブログ
DVD講座ラインナップ
RSS
Powered by
Movable Type 4.1