3兄妹ユニット一途(イチズ)official blog

2010年5月 アーカイブ

いつもありがとうございます。

5月2日(日)に三重県総合文化センターにて行われました「一途ライブ〜そんなあなたを愛そう〜」は、大盛況のうちに終わることができました。
照明もキレイでした〜

主催者さん、スタッフさん、また文化センターの音響さんたちの努力の賜物です。お力添えくださった皆様、本当にありがとうございました。浅見さんが描いてくださった絵のように、ぬくもりのあふれたライブでした。
浅見さんの絵

お母さんにダッコされる子や、学生服をきた高校生、75歳を過ぎてもはつらつとしたおばあちゃんまで、なんとなんと、400名近い方々にお越しいただきました!

それでは、福井出発から福井到着までのリポートです♪

■出発

5/1、お昼頃に機材車に乗り込んで出発です。一途メンバーとマネージャーのひさみちゃん、そして音響担当の代理が乗り込みます。前日から、三重ライブに持参するものをリストアップし、数を数え確認し、今回は必要のないスピーカーなどを下して代わりに積み込みました。

約3時間で三重県に到着です。新名神のおかげでラクラクでした♪「こんなに近いなら、気軽に遊びにいける範囲だよね〜」と盛り上がります。ホテルにチェックインし、知人に三重県の美味しいものが食べられるお店を教えてもらってレッツゴー!三重県て、海の幸山の幸に恵まれているんですね〜。気の置けない仲間たちと、美味しいお料理を食べながら楽しい話をするのは、至福のひとときです。
このときの様子は究曲.com店長のブログでどうぞ♪

■会場入り

翌朝、機材車にて会場入りです。スタッフさんたちがみんなで入り口で待っていてくれました♪うれしい(*^_^*)
早速搬入!機材はステージに、一途展用に持ってきたものは別の和室に運び込みます。スタッフさんたちがテキパキと動いてくださるのでとっても助かりました☆
手作り看板♪

どんまゐ、くまひげ、代理はステージ、ひさみちゃんとわたしは一途展のセッティングへと向かいます。一途展は初めてのことなので、福井で制作だけして、後は会場でどうレイアウトをするか考えました。左から一途年表「一途の駆けだ史」、それぞれの写真、日記、通知表などを飾りました。パネルの組み立てやレイアウトなどスタッフさんたちと協力して行います。大方できあがったところでスタッフさんに「みっこさんそろそろリハ行ったほうがいいかもです」と声をかけていただき、ステージに急ぎました。
ステージから客席を見た様子

■リハーサル

くまひげ、どんまゐはすでにギターを持って歌っており、私もあわてて合流。軽くリハーサルをしました。代理がこのときのムービーを少し撮影してアップしているようなので、よかったらこちらからどうぞ♪

いったんリハを終え、スタッフさんたちにご挨拶。終わりに円陣を組んで、主催者さんの号令で気合を入れます!そのあと、できあがった一途展をちょっぴり覗いてランチタイム。控え室に戻ると、なんと主催者さんのお父様が腕をふるってくれたという御馳走が!!
おいしすぎる〜!

オリジナルメニュー「鶏芋」が絶品です!ワカメとゴーヤのサラダも美味〜!きんぴらごぼうも歯ごたえバツグンで思わず食べ過ぎてしまいました〜。一途パンを作ってくださったラ・ミシェットさんのサンドイッチも食べて満腹しあわせ♪

「一途パンも見てみたいな〜」とどんまゐと話していると、代理が持ってきてくれました!早速見てみると〜。
「ど」の文字がかわいい

あれ?みっこパンはどうなってるのかな?あ、横から見るんだ〜!かわいい!!ヘッドフォンしてる〜(*^_^*)
ヘッドフォンしてる〜♪

満腹にも関わらず食べてみると、美味しい!本当に美味しい!!作った人すご〜い!味わって、ゆっくりゆっくりいただきました♪

腹ごしらえができたところで再度リハーサルです。ここではきっちり音を作って、できるだけ多くの曲を演奏します。
代理大活躍!

そして一途茶屋がオープンする14時に控え室に戻りました。休憩をしたのち、服を着替えていよいよライブ会場となる多目的ホールへと向かいます。

■いよいよライブです!

主催者さん
ステージに到着し、袖で合図を待ちます。主催者さんのご挨拶を聞いていたのですが、とても印象深かったのが「私は昔、減点方式で自分を見ていました。朝起きたときには100点だけど、学校から家に帰るときには4点くらいでした。それってつらかったです」と。「でも一途さんの歌を聞いて、こんな自分でもいいのかな、と思えるようになりました」と。すばらしい。自分を認めることができれば、人を心から認められるようになります。それが1人2人と増えていけば、世界は変わるだろうな。

そんなことを思いながら、くまひげ、どんまゐ、みっこの順にステージに立ちました。拍手がいつもよりも柔らかく感じたのは気のせいでしょうか。フワ〜っと温もりが余韻として残るような拍手でした。

さて、今回演奏させていただいた曲目はこちらです。

1、そのままでいて
2、虹色プラン
3、HUG
4、ひとつのあかり
5、歩き続けよう
6、Like a Dragon
7、証
8、ここにおいで
9、謳歌
10、君の明日へ(新曲)
11、愛の星を守り継ぐ者
12、ONENESS(アンコール曲)

Like a Dragonではみなさんにお立ちいただいて、手拍子をしていただきましたが、前のほうに座ってくれた小さいお子さんが、踊りながら拍手をしてくれて、と〜ってもかわいかったです♪

穏やかな雰囲気です♪
新曲「君の明日へ」は新たな旅立ちをする人に向けて作った歌です。心の揺れや不安、どこからか出てくる「たぶん大丈夫」という気持ち、期待、夢、信じ切れない未来、めまぐるしく変わる自分の心、全てあって当然のことです。それでいいのです。ただ、新しく一歩を踏み出すときが来たら「できない理由」を探すのではなく「とにかくやってみる」という選択肢もあること、そしてその決断は自分自身が行うことを心に刻んで欲しいと思って作りました。
実はこの曲、今までの一途の曲とは少し違っていて、男女4部混声となっています。合唱曲にも最適な作りになっているのです〜(*^_^*)

そして出ましたウッカリ者の私。愛の星を守り継ぐ者がラストソングだったのに、「ラストです」と言わずに演奏を始めてしまいました。これでは唐突に終わってしまうことになります。演奏終了後、どんまゐも気づいていたようで、すぐにフォローしてくれました。。。会場の皆さんごめんなさい〜(><;)

嬉しいことにアンコールをいただいたので、ONENESSを演奏しました。ロック風味でノリの良いこの曲は、主催者さんも好きとおっしゃってくれていた曲です。スタッフに聞いた話ですが、舞台袖で踊ってくれていたとか(*^_^*)。嬉しいです!

■握手会

ライブが終わり、大急ぎで着替えに戻ります。汗だくの服から着替え、ダッシュで会場へと戻りました。握手会に並んでくださった多くの皆様、ありがとうございました!
目が見えない方、お母さん、旦那さん、お子さんを亡くした方、傷が癒えていない方、人生での初ライブがこのライブだった方、10時間もかけてお越しくださった方、ご家族みんなで参加くださった方、本当にたくさんの方が、握手会に並んでくださいました。ほんの少しずつですがお話することができてよかったです。

中には地元の名産を下さる方や、小さな手に握り締めていた3つのあめちゃんをくれた子、メッセージ付きのチョコや、自分で折った紙飛行機をくれた子もいました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました♪

■撤収

控え室に戻り、荷物をまとめます。機材車に全てを運び込んで、いよいよ、全力で支えてくれたスタッフさんたちとお別れです。どんまゐと主催者さんのヒトコトで拍手をしたあと、順番にHUGをしました。感謝の気持ちが届くよう、心を込めてHUGさせていただきました。車に乗り込み福井に向けて出発です。みんなやりきった感から「バイバ〜イ!」「ありがとうね〜!」「またね〜!」の声も元気いっぱい!とっても清清しい気持ちで会場を後にしました。


--

主催者さんの熱意があらゆるところに響いた今回のライブ。若干25歳の彼女のおかげで、あの場が作られ、スタッフさんたちが一生懸命に走り回り、多くの人々が足を運び、私たちが全身全霊をかたむけて歌を歌うことができました。

彼女の芯の強さ、賢さ、そして、応援してもらうことに心から感謝をする姿を見て、素晴らしい人にめぐり逢えたことを実感しました。このご縁に心からありがとうを伝えたいです。
ももちゃん、本当に、ありがとうございました。また会いたいです☆

最後に、ライブに来てくれた私たちの母からのメールを勝手に転記しますふふふ。

「いつもありがとう。昨日はライブ素晴らしかったよ。沢山の人たちが聞いてくれたね。
最高の父母の日プレゼントでしたよ。心して聞かせてもらいました。おかげで元気もりもり勇気100倍になっちゃいました。ありがたいことです。
お兄ちゃんのステキなボディ、ひろっちゃんのカッコいいスタイル、みっこちゃんのエクボ、みんな最高です。
これからゆっくり帰ります。家族にしてくれてホントにうれしいですよ。ばあば」

こんなふうに、いくつになっても父母の深い愛情をもらっています。これがあるからこその一途でもあります。こちらこそ、産んでくれてありがとう。一時、大人になった私が父母を包むくらいでないと!なんて思ったのですが、それこそ仏様の手の上で遊ぶ孫悟空のようでした。なので、このままの「親子」でいさせてもらおうと思います。
おかげさまでありがとうございます。


いつもありがとうございます。

「エイペックって、あのAPECのこと??(゚ω゚;A)そこでライブ???」

とマネージャーに確認したのは言うまでもありません。そう、あのAPECなのです。
その国際会議ががここ福井の地で行われるということで、県庁サイトにもこんな風に掲載されています。
大きいです〜

APEC(アジア太平洋経済協力)とは、アジア、北米、中南米、オセアニアなど、アジア太平洋地域の21の国・地域が参加し、貿易や経済などについて、今後の方向性や目標を協議する世界最大の経済協力フォーラム。(県庁サイトより転記)

この首脳会議の前に、エネルギーや貿易、観光などの分野別に担当大臣会合が開催されるそうで、福井ではそのうちの一つ、「エネルギー大臣会合」が行われることになったのです。

なぜ福井で行われるのかと言うと、福井の嶺南地域を中心とした長年にわたる国のエネルギー政策や地球温暖化防止への貢献が評価されたそうですよ。

国際会議ですので、各国いろいろな民謡などを織り交ぜて演奏したり、一途の地球を守る歌や、子どもたちの夢を乗せた歌などを歌えればと思っております。

■場所
福井駅東側AOSSA(アオッサ)1Fフロア

■日程
6/19(土)

■出演時間(3回の予定です)
10:00〜10:30
12:00〜12:30
13:30〜14:00

ご都合のつく方はどうぞ覗きにきてくださいね♪
地球にあるエネルギーの勉強にもなるかもしれませんよ(*^_^*)


いつもありがとうございます。

toyさんナイスショット!

4/30(金)に福井市のHALLBEEというライブハウスで、ライブを行いました。4/13で一途結成2周年を迎えましたが、歌い続けてこれたのは、家族や、家族同然のスタッフ、友人たちがいてくれたからです。ウォンツがなければ、この一途は生まれることはなかったでしょう。

そのありがとうの気持ちを込めてライブをさせていただきました。

一途の家族、ウォンツスタッフとその家族、ウォンツが親しくさせていただいているだいこん舎さん、オーケンさん、かつ丼まんまるさん。おかげさまでありがとうございます。

いつもの一途の歌と、ここではみんなのことを想って作った曲も演奏させてもらいました。
ここに歌詞だけ掲載させていただこうと思います。

【感謝の歌】

不安なときも
勇気がわいてくるのは
みんながいてくれるから

頷いてくれるだけで
どれだけ心強いだろう
褒めてくれるだけで
どれだけ励まされるだろう
おかげで進む道が見えてくる

いつまでも歌い続けるよ
みんなの力で
いつまでも歌い続けるよ
一途な想いを

--

苦しいときも
「これでいい」と思えるのは
みんながいてくれるから

受け止めてくれるだけで
どれだけ救われるだろう
共に考えてくれるだけで
どれだけ胸がはずむだろう
おかげで目指す夢が形になる

いつまでも歌い続けるよ
みんなの想いを
いつまでも歌い続けるよ
心へ届くように

--

日頃から思い続けている気持ち、そのままを言葉にしました。歌詞を描いている時、楽しそうに笑っているみんなの顔が次々と浮かんできて、なんだか嬉しいひと時でした。

歌詞にある通り、これから一途は歌い続けます。みんなの思いを心へ届くように。

お越しくださったスタッフみんな、そしてそのスタッフをいたわり、サポートし続けてくれるご家族のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

プチプレゼント


いつもありがとうございます。

昨日はお隣の市であります、越前市の「デイサービスセンター芦山(ろざん)」さんにお邪魔し、皆さんと大合唱してきました♪
とっても広いお部屋でした♪

広い建物に入るなり目に飛び込んできたのが、坂本九さんが歌った「上を向いて歩こう」の歌詞。きっとこれをみなさんで歌っているのだろうと思い、今回は皆さんと歌える歌を多めにしてみました。

演奏した曲は以下の通りです。
 ・ふるさと(文部省唱歌)
 ・茶摘み(文部省唱歌)
 ・ラブレター(一途)
 ・上を向いて歩こう(文部省唱歌)
 ・宝探し(一途)
 ・仰げば尊し(文部省唱歌)
   …音響担当でいつも同伴してくれる究曲.com店長が録音して
    アップしてくれているようです♪福井弁ですが、よろしければお聞きください〜。
アンコール曲
 ・星影のワルツ(千昌男さん)
 ・夏は来ぬ(文部省唱歌)

そうなのです。今回はアンコールまで出てしまったのです!嬉しい〜(*^_^*)
40名を越えるみなさんが大きな口をあけて歌い、指揮をしてリズムを取ってくれたり、手拍子したり、膝をたたいたり、「い〜ぞ〜!」とか「この曲でえ好きやっ!(大好きよ)」とか声もかけてくださったり。
拍手もいっぱいいただきました♪

とっても楽しんでくださるので、演奏している私たちも「上を向いて歩こう」の時には身体があっつっつになっていました!

何より、芦山さんは、スタッフさん達が素晴らしかったです。おじいちゃんおばあちゃんに敬意を払ったうえで、とにかく楽しんでもらいたい、楽しませたいと、手間を惜しまず笑顔で盛り上げてくれました。

そのエピソードの一部をいくつか紹介させていただきたいと思います。
まず1つ目。一途は演奏をする前に自己紹介をするのですが、私たちが話したユニット名や名前、曲の作り方などを、ホワイトボードに書きとめてくださるのです。おじいちゃんおばあちゃんに見やすいよう、きれいな大きな文字で。優しさを感じました。

次に2つ目。「ふるさと」を歌う時、その歌詞を自分が届く範囲で指をさしてどこを歌っているのかをわかりやすくしてくれました。
指さし♪

次に3つ目。「茶摘み」ですが、これを歌う、ということはお伝えしていなかったにも関わらず、曲タイトルを行っただけで即、裏へと走り、歌詞を書いた大きな紙をもってきてくれました。

次に4つ目。「上を向いて歩こう」ですが、大きな紙に貼ってある歌詞は、壁の上のほうに貼ってあったんです。なので、取るのも大変だし、またあとで貼るのも大変だと思います。でも、何の迷いもなく、バリっとはがして、おじいちゃんおばあちゃんがもっと見やすいところに持って行ってくれたのです。

そして5つ目。アンコールで歌わせていただいた「星影のワルツ」と「夏は来ぬ」ですが、歌詞がなかったんですね。すると、歌集を片手に、ホワイトボードへ歌詞を猛スピードで書いてくれたのです。これはすごい!
おじいちゃんおばあちゃんも見守ります!

アンコールが終わって撤収する時も「よかったよ〜」と話掛けてくれるおばあちゃんもいらしたのですが、こちらこそ同じく「みなさん素晴らしかったです〜!」とお伝えしました。

帰りにお茶を用意してくださっていたのでいただいていると一人の職員さんがいらしてくださり、「みんな嬉しそうに歌っていて、本当によかったです!またいらしてください!」とおっしゃってくださいました。

ここの職員さんたちは素晴らしいですね、おかげで盛り上がりました、と伝えると、いやいやあはは〜!と笑い「自分たちが楽しまないと、みんな楽しくならないですからね〜」とおっしゃってくださり、そこにいた一途&スタッフ5人は大きく頷いたのでした。

家族の中のお母さんが底抜けに明るいだけで、その一家の雰囲気も明るくなるように、職員さんの明るさと優しさが、この芦山さんを明るくしているのだろうな〜と思いました。

職員のみなさん、おじいちゃんおばあちゃん、本当にありがとうございました!
また行きますね♪


いつもありがとうございます。

諸事情ありまして、APEC出演がなくなりました。
楽しみにしていたので、ん〜残念!(>_<)
でも、もう動かしようのないことです。

一途出演を推薦してくださった方には、心から御礼申し上げます。
おかげさまでとってもワクワクできました♪

ブログコメントで応援くださっていたみなさん、
行こうかな〜って考えてくださっていた方、
申し訳ございません。

またのご縁があることを皆で待ちたいと思います。

このタンコブは、今後に活かします!
次はきっとイイコトあるある♪


いつもありがとうございます。

一途が社歌を作らせていただいた「Honda Cars 若狭」さんのご協力により、一途が10都道府県を回る、ツアーをさせていただくことになりました!

北海道、宮城(仙台)、東京、愛知(名古屋)、大阪、広島、福岡、沖縄(那覇)、最後に福井(敦賀)を予定しています。(変更もあるかもしれません)

時期は秋頃な予感です。

先日、有志が集まり、キックオフミーティングをさせていただきましたが、とっても盛り上がりました!様子は河村社長のブログをどうぞ♪


取り急ぎご報告ですが、また詳細が決まりましたら随時お知らせしたいと思います。
ワクワクです♪(*^_^*)


いつもありがとうございます。今日は待ちに待った小学校ライブの日です。

いや〜楽しかった!!!!!最高でした!!!!!!
みんなかわいい♪

この日はマリンバ(巨大な木琴)奏者の方のコンサートも見学させていただいたのですが、こちらも最高でした!

下見をしてくれていたマネージャーひさみちゃんからは聞いていたのですが、木がふんだんに使われていて、木の節やそのままの太さで柱として使われところを見ると、もう圧倒されるのですが、そのぬくもりたるや「ちょっとねころんだら寝ちゃいそう」なくらい、居心地がすばらしく良い校舎でした。
ほんとウラヤマシイ!

その中の音楽室が、今回のコンサート会場です。まずセッティングをして音づくり。8角形の建物で天井が高い建物なのですが、素晴らしい響き!音が反響しあうことなく、スーっと流れていきます。
かっくいー!

それから山崎智里さんという、マリンバ奏者の方がいらしたので、その方のマリンバセッティングを見学。
一人で組み立てます!

なんて大きいの〜!とびっくり。山崎さんは気さくな方で、笑顔がとってもキュートな方です。初めて見せていただくので、期待も高まります。
そうそう、このマリンバって福井県の越前町(旧朝日町)で作られていると聞いて2度びっくりでした。

10:20になって、全校生徒約150名が入ってきてくれました。みんな元気よく「こんにちは!」とあいさつをしてくれます。ステージから扇形に並ぶのですが、みんなお行儀がとってもよくって、6年生から順に1年生まで、体操服姿で並んでくれました。1年生なんて、まだ本当に小さくって、本当にかわいくてかわいくて、入ってきて並んでいるのを見るだけでなんだか涙ぐんでしまいました。。。
元気いっぱい!

今回のテーマは「夢を持つこと」です。
なのでこんな曲を選んでみました。

・虹色プラン
・ぼくのゆめ
・GrowUp
・Like a Dragon

みんなまっすぐこちらを見てくれて、話しによく笑い、どんまいにツッコミを入れ、大切な話しの時には目と耳と心で向き合ってくれていることを感じました。

とくに「ぼくのゆめ」では一緒に「ラララ♪」のコーラスを歌ってもらったのですが、みんなの声が素晴らしく美しい!!!鳥肌がたつほどでした。大きな元気な声が、私たちの心にどんどん入ってきて、もっともっとみんなの声が聞きたい、という気持ちになりました。

曲によっては立ってもらったり、手拍子をしてもらったりしたのですが、みんなリズム感バッチリ!大盛り上がりで最後まで演奏することができました!
今庄小学校のみんな、ありがとう☆☆☆

そして次はマリンバの演奏です。一途の楽器を撤収&マリンバ設置のために、ちょっと時間が必要だったので、その間くまひげが子どもたちと一緒に手遊び。これがまたもう爆笑に次ぐ爆笑。
すごいぜお兄ちゃん

そしていよいよマリンバー!わくわく!世界大会でもセミファイナルに残るなど相当の実力者なのですが、子どもたちのことを考えて演奏してくれるのは「マリオブラザーズ」や「忍たま乱太郎」のテーマソング。一緒に歌える「アンパンマン」や「エーデルワイス」「ドレミの歌」など弾む音色を4本のバチを見事に操って聴かせてくれました。

初マリンバ〜!
山崎さんの演奏で、5、6年生の「夢をあきらめないで」を歌ってくれたのですが、これまたきれいにハモっていました。感動しました。


親御さんたちも参加して下さったのですが、CDを購入してくださった方や、すぐに感想メールを送って下さるなど、ちゃんとメッセージが伝わったんだなって思えて嬉しく思いました。

今庄小学校のみんなが、夢をかなえる秘訣を忘れず(覚えてる?(*^_^*))、自分の持つ夢に向かって突き進んで行ってくれることを願います。

お招き下さった教頭先生をはじめとした職員の皆さま、本当にありがとうございました!



ページ内検索

ウォンツグループサイト
創業者3兄妹ブログ
最強スタッフブログ
DVD講座ラインナップ
RSS
Powered by
Movable Type 4.1