3兄妹ユニット一途(イチズ)official blog

2009年7月 アーカイブ

いつもありがとうございます。

見たとたん、「びっくり!」のプレゼントをいただいてしまいました・・・!

柄選びのセンスがいい!

これ、ノートなんです。まず、「びっくり第一弾」としまして、このカバー、手縫いです。。。お手紙には「ちょうどミシンが壊れてしまって下手なのですが手縫いしました」とありました。
私なら、ミシンが壊れている時点であきらめちゃうわ・・・( iдi )

おおヨロコビ!の3名


そして「びっくり第二弾」としまして、カバーの右下には「良い言葉とご縁があるように」と願いがこもった5円玉。。。この粋な計らいにこのノートを抱きしめずにはおれませんでした。すると、なんだかそのカバーがあたたかいんです。

ほよよ?と思ってよく見るのですが、生地はてぬぐいのような生地で、「温め効果あり」なんてなさそうです。これはきっと、作って下さった方の、まごころです。まごころって、あたたかいんですね。

後日には別便でおいしいおいしいお菓子まで頂戴しまして、ちょうど締切をかかえていたスタッフにひと時の安息をもたらしてくれました。

キャイ〜ン!大好き〜!

Y.Sさん、本当に、ありがとうございました!まごころをうけとって、しっかりと前に進んでいきます!


200907
02
木曜日

お肉で気合!

弊社の月例会議は、全員参加で行うのですが、その日にとっても大きなお肉が、社長あてに届きました!

誰もこんなの見たことがない

社長が「みんなでいただこう!」と言ってくれたので、遠慮なんてこれっぽっちもないままに、全員で「おいしーーーー!!!」って鹿児島のKさんに届くように大声で言いながらいただきました!

う!
ま!
いーーー!

毎月の月例会議は、笑いあり涙あり、嬉しさあり悔しさありで、ものっすごく気合が入るのですが、今月はいつもに増して、気合がたっぷり入ったように思います!Kさん、本当に、ありがとうございましたー!


いつもありがとうございます。

明日は、地元のデイサービスをおこなっている「アイアイ鯖江」さんに、慰問をさせていただきます。

14:00〜14:30を予定しています。

おじいちゃん、おばあちゃんがニコニコになれるよう、私たちも楽しんできたいと思いま〜す♪

楽しみです!(*^_^*)


いつもありがとうございます。

福井ロータリークラブさんが主宰する「IM」(インターシティーミーティング)、ものすごく簡単に言うと、学びと気づきを得るための大きなセミナーなんですが、その中で、一途がミニコンサートをさせていただけることになりました!

その実行力は尊敬するばかりの「岩堀美雪先生」の講演もあります。(鯖江市立待小学校にて教壇に立つ現役バリバリの先生です。この先生が受け持つクラスには、「いじめ」が存在しません。親だからこそ言ってほしいのに、子からすれば、親だから言えない「いじめ」。。。)

毎回、心を打つ講演で、私もしっかり学ばせていただこうと思います。

育てよう、人
↑クリックすると大きく表示されます

ロータリークラブの会員様のみ参加できるIMですが、心をこめて、演奏してきたいと思います。


いつもありがとうございます。

7/22(水)に、福井北ロータリークラブの例会にお招きいただきまして、その中の「卓話」のコーナーで、一途がトーク&ライブをさせていただきました。

立派な看板まで・・・

福井北ロータリークラブさんは、国際交流のための交換留学生の受け入れをしたり、こどもたちがもっと自然と触れ合えるようにと、手作りのビオトープ(虫や鳥たちが集う自然の空間)を作るなど、地域のために長年活動をされています。定期的に例会を開き、報告をしあったり、勉強などをされているんです。

<曲目>
・虹色プラン
・Like a Dragon
・謳歌

の3曲です。広い会場で、のびのびと歌わせていただきました。集まっていらっしゃる方々に比べたら
私たちなんてまだまだヒヨッコ人生ですが、あたたかく見守っていただき、ありがとうございました。

ひろーい!

中でも笑顔が素敵なプログラム委員長のM様、いろいろとお取り計らいいただきまして、本当にありがとうございましたー!


終始なごやか!

7月2日金曜日に、地元の社会福祉協議会さんが行っているデイサービスセンターさんにて、ミニライブをさせていただきました!もう準備の時から着席してくださって、「楽しみやわ〜♪」「たくさん機械あるの〜♪」と、なんだかおじいちゃん、おばあちゃんの孫になった気分でした♪

<曲目>
・ふるさと(文部省唱歌)
・虹色プラン
・ラブレター
・仰げば尊し(文部省唱歌)
・七夕さま(唱歌)

の5曲です。

ライブの前に、どんまゐがおじいちゃん、おばあちゃんにクイズを出しました。
「ぼくたち3人は、ある関係があります。どんな関係でしょーか?」
「・・・親子?」
「うん、親子だね」
「あ〜親子か〜」
「間違いないね」

「じゃあ、こっちの丸坊主の人が〜?」
「(みんな口をそろえて)お父さん」

「じゃあ、こっちの女の人が〜?」
「奥さん」
「え、娘さんじゃないかしら」

「じゃあ、ぼくは〜?」
「(みんな口をそろえて)息子さん」

くまひげ、がっくり。。。(^_^;)

そんな若干落ちたくまひげのテンションも、おじいちゃんおばあちゃんの天真爛漫さと、元気さ、そして足でリズムをとってくれたり、一緒にハーモニカで演奏をしてくださるのを見て、一気に急上昇!

涙を拭きながら聞いて下さるおじいちゃん、おばあちゃんにを見て、私は上を向いて何度も涙を乾かしました。

終了してから、職員の方が、おじいちゃんおばあちゃんに感想を聴いて下さったのですが
「胸がすーっとした!」
「上手だった!」
「また来てほしい」
「"茶摘み"を歌ってほしい。私ハーモニカするから♪」
「女の人、孫の嫁にほしい」・・・ヾ(´▽`;)ゝ

と、いろ〜んな感想をいただきました♪

個人的にですが、私はステージではなくて、こういった聞いて下さる方と同じ高さでいることのほうが好きで、目を見ながら話し、目を見て歌えるっていうのが、ちゃんと心のキャッチボールができている気がします。

一緒に歌をうたう。

たったそれだけのようでいて、それがどれだけ嬉しく、楽しいことか。それが、回を重ねるごとに実感できます。そういえば、我が家は小さいときは母にたくさん童謡を教えてもらって、おにいちゃんと一緒に歌ったり(おにいちゃん:サビ、私:コーラス)したものです。まあ家族ですから、もともとひとつでばあるのですが、赤の他人、という立場であっても、容易にできてしまうんですよね〜。

おしゃべりも楽しかったし、ぜひぜひ、またオジャマしたいな〜って思いました♪

デイサービスセンターの職員の皆様、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ありがとうございましたー!



ページ内検索

ウォンツグループサイト
創業者3兄妹ブログ
最強スタッフブログ
DVD講座ラインナップ
RSS
Powered by
Movable Type 4.1