Home > 曲紹介

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら

曲紹介

  • ぼくのゆめ
  • 当時小学5年生だった新一君にインタビューをさせてもらいました。その中で印象的だったのは、「ぼくにとって、一番大切なのが家族」「大人になって、お金を稼げるようになったら、貧しいと言われている人たちに全部あげたい」という2つでした。家族愛を十分に受け、その喜びを知った彼は、今度は世界にそれを返していきたいと考えたのかもしれないと思いました。そこから生まれたのが、この歌です。

歌詞を見る試聴する

  • HUG
  • 「人のことは抱きしめられるけど、自分のことはキライ」という人に、がんばっている自分こそ抱きしめてあげて欲しい、と思って作った曲です。肉体も、精神も、あなたのためだけに力を尽くしていることに気付いてもらえればと思います。

歌詞を見る試聴する

  • 謳歌
  • 自分の命が消えると知ったら、人は何をするのでしょう?何ができるのでしょう?とある人達は、自分の命の終わる時を知りながらも死にゆく人々に「生きてきてよかった」という満足感、そして笑顔をプレゼントしていると聞きました。まさしく、人生を最期まで謳歌している方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 赤ちゃんは「この人のもとに産まれたい」と親になる人を選んで、命として宿ると聞きました。出産も子育ても、自分の身を削って行うものだと思います。思い悩むこともあると思いますが、赤ちゃんはお父さん、お母さんの力を借りながら、自分の未来を輝かせようと生まれてきたことを、忘れてほしくないと願って作った歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 涙のプリズム
  • 「自分なりにがんばってはいるけれど、なんとなく自信が持てない」「みんなはスゴイと思うけれど、自分はそうじゃない」そんな風に思う人のことを想い作った曲です。落ち込んで涙を流すこともあるけれど、そのあとに見える道を見つけて欲しいと思います。そしてそこに踏み出せるよう、自分を認めてあげて欲しいと思います。

歌詞を見る試聴する

  • 宝探し
  • いろんな人や自然の目線から、宝探しをしてみました。人それぞれ、「宝物」を持っていると思いますが、何よりの宝物は、「愛したい人」です。そして、それは「あなた」です。忘れがちな「愛されていること」を思い出し、そして、皆さんにとっての宝物を見つめ直すひと時になればと思います。

歌詞を見る試聴する

  • ここにおいで
  • 全てを受け入れてくれる人の歌です。その人の近くにいるだけで安心し、少し話すだけで頬がほころぶような、そんな人が皆さんのお近くにも一人はいらっしゃるのではないでしょうか。「包まれたい」そう思うとき、そばにその人がいなくても、代わりにこの歌に包まれてください。

歌詞を見る試聴する

  • Like a Dragon
  • 自らの意思で何かを始めようとする人、すでに始めている人への応援歌です。龍が手に珠を持ち、それを守るために火を吹きながら天を駆け、戦い抜く姿をイメージしました。愛すべき人を守り、幸せにするため、自らを傷つけることも厭わずさまざまな悩みや苦労を蹴散らしながら求道する姿です。

歌詞を見る試聴する

  • ラブレター
  • 尊敬する両親の歌です。実は、お互いの「遺書」をイメージしたのですが、「遺書」とは自身がこの世に残せる最後の言葉。つまるところは最愛の人に残す、ラブレターだと思います。苦労と喜びを分かち合ってきた二人が、お互いに遺すのはどんな言葉かな?と想像もしながら作りました。

歌詞を見る試聴する

  • 虹色プラン
  • 誰にも自殺をしてほしくない、という願いを込めて作った曲です。良いことも悪いことも、すべての経験があなたの人生を彩り、成長させてくれるはず。逆に何もない人生のほうが寂しいものです。だから投げやりにならないで、カラフルな人生を受け止め、味わっていこうよ、という歌です。

歌詞を見る試聴する

  • そのままでいて
  • 子どものころに「いじめ」を経験した人の歌です。いじめられていた頃の気持ち、時間をかけながらも悲しみを乗り越えられた理由、そして今こそ伝えたいメッセージをこの曲に込めました。

歌詞を見る試聴する

 
 

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら