Home > 曲紹介

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら

曲紹介

  • ひとつのあかり
  • 初めての子の誕生に喜び、子育ても一生懸命始めたものの、その子が「自閉症」と診断されます。大きなショックはありましたが、自分を母として選んで生まれて来たのなら、受け止めようと決意します。その子のおかげで見えて来た道しるべに、両親や旦那様と共に感謝しつつ子育てに励むお母さんの歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 天使たちの時間
  • 優しくて朗らかなお母さんに憧れていたのに、現実では怒ってばかり。毎日の生活に追われ、イッパイイッパイになって何が幸せなのかさえ見えなくなりがちだけど、子ども達と過ごせる時間こそが、自分の幸せなのかもしれない、と気づき始める歌です。

歌詞を見る試聴する

  • Grow UP
  • 当時小学校2年生だった女の子にインタビューをして作ったこの歌を、福井県丹生郡越前町にあります常磐小学校の子ども達が平成23年度の卒業式で歌ってくれました。 全校生徒数38人が心を一つにして歌い上げています。

歌詞を見る試聴する

  • 笑顔の記憶
  • 太陽のように明るく、いつ寝ているかわからないくらいに働き、料理上手で学校行事には必ず来てくれたお母さんが、ある日交通事故で人生の大半の記憶を失います。忘れられた娘を筆頭に、家族みんなで記憶を取り戻そうと奮闘し、時間をかけながら絶望とも折り合いをつけていきます。母娘の絆の深さを教えてくれる歌です。

歌詞を見る試聴する

  • PEACE!
  • この方は「人の笑顔を見るのが大好き!」で、そのための仕事であり、勉強であるから毎日が楽しい♪とためらいなくおっしゃいます。繋がった人たちと、お互いに幸せになるため、頭脳を駆使することに喜びを感じ、日々新たなことにチャレンジする方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • オカン
  • 「オカン」が忙しそうで甘えることができず、本音は胸の内にしまい込む子ども時代を過ごし、うわべだけの家庭と感じても、自分の居場所を探し続けました。やがて社会に出て認められる存在になると、両親を理解し、自分が幸せにしてあげたいと思うようになります。大きな成長を遂げた方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • ここに居る 〜地球讃歌〜
  • 娘であり、妻であり、母であり、先生でもある女性にインタビューをさせていただき作りました。己の使命を「子どもたちが自分を大好きになってくれる教育をする」こととし、学び、挑戦を続けています。母なる地球が人を慈しむように、子どもたちを慈しみ、夢中で生きている方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 君の明日へ(piano ver)
  • 学校を卒業し、新しい道へいざ踏み出さんとする方々へ贈る曲です。迷い、不安、どうしても出せない自信。でもどうにかなる気もする未来。揺れる思いは当然です。皆さんはチャレンジャーです。理由をつけて踏み出さないより、まず踏み出すこと。そしてその決断は、自分にしかできないことを心に刻んでいただければと思います。

歌詞を見る試聴する

  • 君の明日へ
  • 学校を卒業し、新しい道へいざ踏み出さんとする方々へ贈る曲です。迷い、不安、どうしても出せない自信。でもどうにかなる気もする未来。揺れる思いは当然です。皆さんはチャレンジャーです。理由をつけて踏み出さないより、まず踏み出すこと。そしてその決断は、自分にしかできないことを心に刻んでいただければと思います。

歌詞を見る試聴する

  • Let’s Go!
  • 福井県大虫小学校創立100周年記念として応援歌を作らせていただきました。大虫地区には、古くから守り続けてきた自然があり、自然から愛され続けてきた人々がいらっしゃいます。未来を担う子どもたちに、思い悩むときには自然を眺め、周囲の人に相談し、大きな夢を描いて欲しいという応援の気持ちを込めて作りました。

歌詞を見る試聴する

  • 歩き続けよう
  • 僕達は一世紀以上歩いてきた。というより、先人達が幾多の困難を乗り越えて、僕達にバトンを渡して下さった。そして僕達の使命は、まだ見ぬ後輩達の為に会社の基盤を更に固め、良い形でバトンを繋ぐことだと思っている。何よりも大切なことは、一度きりの人生の中で、偶然ではなく必然に我が社に集う仲間達と共に思う存分仕事をして、其々が夢を実現し幸せになること。その為に僕達は日々本音で、そして本気で活動している。この歌は、そんな想いがぎっしりと込められた僕達の大切な応援歌である。

    株式会社八木熊 代表取締役社長 八木信二郎

歌詞を見る試聴する

  • ONENESS
  • 社長として社員に是非とも伝えたい事がある。当社の目指す姿は、社長である私の中にあるのではない。当社そのものである社員みんなの中にあるということを。なのに私は当社の理念の理解をみんなに求めてきた。そもそも理念とは、「理解する」ものではなく、「感じる」ものなのに。そして幸いなことに素晴らしいタイミングで一途に出会うことができた。このONENESSは、みんなの中にある理念の集大成。ONENESSを聴く度に、みんなと私の目指す姿が同じであるという最高の喜びを味わう。ONENESSを実現し、その期待に応えることをみんなを代表してここに決意したい。

    Honda Cars若狭 代表取締役社長 河村将博

歌詞を見る試聴する

  • 愛の星を守り継ぐ者
  • 「地球を守りたい」その気持ちをブログにて公募し、投稿メッセージからエッセンスをいただいて歌詞にした、「みんなで作った歌」です。 人間は、地球に幾億年も愛され続けています。命を長らえるために全てのものを与えられているという事実と、それを生かすも殺すも人間の知恵次第である、ということを今一度心にとどめ、地球と人間の暮らしのバランスを考えるひと時になればと思います。

歌詞を見る試聴する

  • ゆっくり大きくなってね
  • 新一君と荘子ちゃんに、どんな風に妹の佳代ちゃんのことを想っているかをインタビューさせてもらって作った曲です。当時佳代ちゃんは3歳。お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きで、しょっちゅうだっこをしてもらい、転んだ時はお兄ちゃんの胸で泣き、自分に難しいことはお姉ちゃんにお願いする、かわいいものが大好きな女の子。新一君も荘子ちゃんも、自分が母親にしてもらった通りに、嬉しさいっぱいでかいがいしくお世話をしています。そんな風景もたっぷり入った歌になりました。

歌詞を見る試聴する

  • Grow Up
  • 新一君の妹で、当時小学2年生だった荘子ちゃんにインタビューをさせてもらいました。友達が多く、活発で、負けず嫌い。なんでも1番を狙っていき、クラスの男子にも一目置かれるような存在です。何事も努力で乗り越えていく原動力を聞くと、「次はできるかもしれないから!」。おそらく、彼女はいろんなことに挑戦し、成長していることに、本能で喜びを感じているのではないかと思います。それに翼を付けて歌にしてみました。

歌詞を見る試聴する

 
 

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら