Home > 曲紹介

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら

曲紹介

  • 命を詩(うた)にして
  • 3度、医者に匙を投げられました。「もう生きられない」と。そのうち1回は、倒れた自分にみんなが必死に呼びかける姿を天井から見ていました。 その時思っていたことは「生きたい!死にたくない!」という燃えるほどに熱い気持ちでした。 今生きているということは、夢を叶えるチャンスをもらったということだと思っています。それは、私の歌詞にメロディをつけ、みんなで歌うことです。

歌詞を見る試聴する

  • 貴方の立つ場所へ
  • 歩くリハビリをしている時に作った歌詞です。 「砂浜の上に好きな人が立っていて、そこに歩いて行く」という自分をイメージして作りました。リハビリって、痛みもあって苦しいんです。思い通りにならない足を、毎日何十回と動かします。 でも「歩きたい」という強い気持ちと自分を鼓舞させる夢や希望があったから、乗り越えられました。

歌詞を見る試聴する

  • 私の松葉杖
  • 松葉杖はいつも私を黙って支えてくれました。時には重く感じて、使うのが嫌な時もありました。なので、どうしたら痛くないか、使いやすくなるかを考え、もこもこの靴下をつけてクッションにしたり、握るところも包帯を巻いて握りやすくしたり、工夫をしました。 私の人生の相棒であり、戦友でもある松葉杖です。

歌詞を見る試聴する

  • 母のような 父のような
  • この歌詞を書いたのは膝の手術後、リハビリが始まった、とってもつらい時期でした。ガラスの向こうにある山の緑を見ると、「生きようよ」「ぼくらも生きているんだよ」「だから君も頑張って」と励ましてくれているように感じました。 それは、母や父の温もり、優しさにも通じるところがあると思い、この歌詞を作りました。

歌詞を見る試聴する

  • 夢に向かって
  • 足が動きにくくなりましたが、「リハビリをすれば大丈夫」「まだ望みはある」と思っていました。そして、字を書くこともできました。 (今は緑内障で目が見えにくいため書けなくなりました) なので、その文字を書けるという表現方法を使って、生きているという命の重さを歌詞にしたいと思いました。

歌詞を見る試聴する

  • 泣きたいときは泣きます
  • 私は「強いね」ってよく言われます。自分で仕事も探しに行き、言語障がいも自分で克服し、 合唱団でリーダーを務めたこともあります。でも、ずっと前向きだったわけではありません。 この身体を恨んだことも、悔やんだこともあります。正直言って、逃げることのほうが多かったです。 いっぱい泣きました。しかし思い切り泣くと、「もう前向きに進むしかない」と思えました。

歌詞を見る試聴する

  • みんな生きている
  • 膝の手術を終えて入院していたとき、病院の窓から外の景色を見て作った歌詞です。世の中にある同情の目や、好奇の目。 私はその目で、あなたの近くにある美しい自然を見て欲しいと思っています。 育つ形が違うからと言って、仲間はずれにする植物はいますか? 動きが不自然だといって、いじめたりする魚たちはいますか? ただ黙って互いを受け入れ合い、認め合い、生きています。 人間だって、そうであって欲しいなと思います。

歌詞を見る試聴する

  • Thanks to the World
  • 東日本大震災から1年後「Japan.Thank You.」というキャンペーンが観光庁から開始され、その意に賛同して作った楽曲です。文化や環境が全く違う国々の人々が、日本人を救おうと真剣に取り組んでくださったことへの感謝の思いと、日本は復興させる不屈の魂を持っているという思いを込めました。

歌詞を見る試聴する

  • 団地音頭
  • 仮設住宅での生活に疲れが出ているというニュースを目にして心配していましたが、安藤さんの歌詞を拝見して「東北の心は折れちゃいない」と確信し、喜び勇んで作曲をさせていただきました。外に出て皆と踊り、目を合わせ笑い合うことで、心にパワーが生まれることを祈っています。私達は「団地音頭」を元気に歌い続けます!
    サンドウィッチマンさんからコメントをいただきました!

    宮城県出身の芸人であるサンドウィッチマンさんが、団地音頭にコメントを寄せてくださいました!!

    サンドウィッチマン伊達さま<写真左>

    歌の力のパワーは計り知れません。
    我々芸人には出来ない『人の心を動かす力』があります。震災直後、何より感じました。
    お祭りが大好きな東北人にとっても『団地音頭』はノリも良くて歌詞も覚えやすくていいですね!
    沢山の『ありがとう』が歌詞にあるのも嬉しいですね!

    サンドウィッチマン富澤さま<写真右>

    歌や踊りは年月や場所が変わっても、また再会した時に同じ時間を共有したことを笑顔で 取り戻すことのできるツールだと思います。
    辛い思いも沢山ありますが、団地音頭を楽しく歌って踊ることで震災で得た繋がりやがんばりを伝承していってほしいと思います。

    REVIVE JAPAN CUP カルチャー部門
ミュージックカテゴリー グランプリ受賞

歌詞を見る試聴する

  • ハローハローハロー
  • 福井県越前市の白山地区では、昔から人と自然がいっしょに暮らしてきました。ここでは、様々な動植物や希少生物との出会いがあり、たくさんの驚きと感動があります。みんなに自慢したいくらいに白山が大好きで、自然を守りながら生活していることに誇りを感じている子どもたちの、やさしさやたくましさが込められた歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 未来に残そう命の環
  • コウノトリを呼び戻す活動のテーマソングを作って欲しいという依頼を受け、「水辺と生き物を守る農家と市民の会」の堀江顧問にインタビューをさせていただきました。 この歌は、明るく希望に満ちたキレイゴトだけでなく、水辺の会の皆さんが手探りで粘り強く歩んでこられた道、農家が持つ生きる為の葛藤も入っています。それがあってこそ舞い戻るコウノトリだからです。 この歌のワンフレーズでも皆様の心に残り、僅かでも、美しく豊な里地里山にする原動力となれば幸いです。

歌詞を見る試聴する

  • Welfare
  • 2011年に福井県社会福祉協議会さんが創立60周年を迎え、その記念イベントのテーマソングとして制作した楽曲です。 福祉とは「ふだんの くらしのなかの しあわせづくり」と協議会員さんに教わったり、日常で幸せを感じる瞬間が書かれた市民アンケートを拝見したりして、この歌が生まれました。 人と人との繋がりの中に幸せがあり、それを作っていくのが福祉。この歌のコーラスはお子さんから70代の方まで、たくさんの方にご協力いただきました。みんなと「つながって」出来上がった、幸せの歌です。

歌詞を見る試聴する

  • カンテラ
  • 福井県にあります社会福祉法人 福授園の職員さんから、利用者である鷲田晃一さんが書いた、何篇かの詩を見せていただきました。 自閉症で人と話すことは苦手なのですが、人への優しさにあふれた詩は私たちの心にぬくもりと共感をくれました。 いくつかの詩を一つにし、補作させていただいてメロディをつけた歌です。 一途もカンテラのようでありたいと思います。

歌詞を見る試聴する

  • あなたの息子として
  • 甘えて育ち、反抗、暴力、いじめという荒れた生活をしているうちに乳がんで母が他界。後悔してもしきれない結果に打ちのめされますが、母の血が流れている自分に誇りを持ち、未来に向かって歩み始めます。生きているうちに表現できなかった「いつまでも母さんの息子です」という言葉は母に対する懺悔であり、最大級の愛情表現と言えるでしょう。

歌詞を見る試聴する

  • ぼくのゆめ
  • 当時小学校5年生だった男の子にインタビューをして作ったこの歌を、福井県丹生郡越前町にあります城崎小学校のみんなと一緒に歌いました。自然に始まる手拍子、夢中でコーラスに参加する子ども達の歌声に活力をもらえる歌となりました。

歌詞を見る試聴する

  • ひとつのあかり
  • 初めての子の誕生に喜び、子育ても一生懸命始めたものの、その子が「自閉症」と診断されます。大きなショックはありましたが、自分を母として選んで生まれて来たのなら、受け止めようと決意します。その子のおかげで見えて来た道しるべに、両親や旦那様と共に感謝しつつ子育てに励むお母さんの歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 天使たちの時間
  • 優しくて朗らかなお母さんに憧れていたのに、現実では怒ってばかり。毎日の生活に追われ、イッパイイッパイになって何が幸せなのかさえ見えなくなりがちだけど、子ども達と過ごせる時間こそが、自分の幸せなのかもしれない、と気づき始める歌です。

歌詞を見る試聴する

  • Grow UP
  • 当時小学校2年生だった女の子にインタビューをして作ったこの歌を、福井県丹生郡越前町にあります常磐小学校の子ども達が平成23年度の卒業式で歌ってくれました。 全校生徒数38人が心を一つにして歌い上げています。

歌詞を見る試聴する

  • 笑顔の記憶
  • 太陽のように明るく、いつ寝ているかわからないくらいに働き、料理上手で学校行事には必ず来てくれたお母さんが、ある日交通事故で人生の大半の記憶を失います。忘れられた娘を筆頭に、家族みんなで記憶を取り戻そうと奮闘し、時間をかけながら絶望とも折り合いをつけていきます。母娘の絆の深さを教えてくれる歌です。

歌詞を見る試聴する

  • PEACE!
  • この方は「人の笑顔を見るのが大好き!」で、そのための仕事であり、勉強であるから毎日が楽しい♪とためらいなくおっしゃいます。繋がった人たちと、お互いに幸せになるため、頭脳を駆使することに喜びを感じ、日々新たなことにチャレンジする方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • オカン
  • 「オカン」が忙しそうで甘えることができず、本音は胸の内にしまい込む子ども時代を過ごし、うわべだけの家庭と感じても、自分の居場所を探し続けました。やがて社会に出て認められる存在になると、両親を理解し、自分が幸せにしてあげたいと思うようになります。大きな成長を遂げた方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • ここに居る 〜地球讃歌〜
  • 娘であり、妻であり、母であり、先生でもある女性にインタビューをさせていただき作りました。己の使命を「子どもたちが自分を大好きになってくれる教育をする」こととし、学び、挑戦を続けています。母なる地球が人を慈しむように、子どもたちを慈しみ、夢中で生きている方の歌です。

歌詞を見る試聴する

  • 君の明日へ(piano ver)
  • 学校を卒業し、新しい道へいざ踏み出さんとする方々へ贈る曲です。迷い、不安、どうしても出せない自信。でもどうにかなる気もする未来。揺れる思いは当然です。皆さんはチャレンジャーです。理由をつけて踏み出さないより、まず踏み出すこと。そしてその決断は、自分にしかできないことを心に刻んでいただければと思います。

歌詞を見る試聴する

  • 君の明日へ
  • 学校を卒業し、新しい道へいざ踏み出さんとする方々へ贈る曲です。迷い、不安、どうしても出せない自信。でもどうにかなる気もする未来。揺れる思いは当然です。皆さんはチャレンジャーです。理由をつけて踏み出さないより、まず踏み出すこと。そしてその決断は、自分にしかできないことを心に刻んでいただければと思います。

歌詞を見る試聴する

  • Let’s Go!
  • 福井県大虫小学校創立100周年記念として応援歌を作らせていただきました。大虫地区には、古くから守り続けてきた自然があり、自然から愛され続けてきた人々がいらっしゃいます。未来を担う子どもたちに、思い悩むときには自然を眺め、周囲の人に相談し、大きな夢を描いて欲しいという応援の気持ちを込めて作りました。

歌詞を見る試聴する

  • 歩き続けよう
  • 僕達は一世紀以上歩いてきた。というより、先人達が幾多の困難を乗り越えて、僕達にバトンを渡して下さった。そして僕達の使命は、まだ見ぬ後輩達の為に会社の基盤を更に固め、良い形でバトンを繋ぐことだと思っている。何よりも大切なことは、一度きりの人生の中で、偶然ではなく必然に我が社に集う仲間達と共に思う存分仕事をして、其々が夢を実現し幸せになること。その為に僕達は日々本音で、そして本気で活動している。この歌は、そんな想いがぎっしりと込められた僕達の大切な応援歌である。

    株式会社八木熊 代表取締役社長 八木信二郎

歌詞を見る試聴する

  • ONENESS
  • 社長として社員に是非とも伝えたい事がある。当社の目指す姿は、社長である私の中にあるのではない。当社そのものである社員みんなの中にあるということを。なのに私は当社の理念の理解をみんなに求めてきた。そもそも理念とは、「理解する」ものではなく、「感じる」ものなのに。そして幸いなことに素晴らしいタイミングで一途に出会うことができた。このONENESSは、みんなの中にある理念の集大成。ONENESSを聴く度に、みんなと私の目指す姿が同じであるという最高の喜びを味わう。ONENESSを実現し、その期待に応えることをみんなを代表してここに決意したい。

    Honda Cars若狭 代表取締役社長 河村将博

歌詞を見る試聴する

  • 愛の星を守り継ぐ者
  • 「地球を守りたい」その気持ちをブログにて公募し、投稿メッセージからエッセンスをいただいて歌詞にした、「みんなで作った歌」です。 人間は、地球に幾億年も愛され続けています。命を長らえるために全てのものを与えられているという事実と、それを生かすも殺すも人間の知恵次第である、ということを今一度心にとどめ、地球と人間の暮らしのバランスを考えるひと時になればと思います。

歌詞を見る試聴する

  • ゆっくり大きくなってね
  • 新一君と荘子ちゃんに、どんな風に妹の佳代ちゃんのことを想っているかをインタビューさせてもらって作った曲です。当時佳代ちゃんは3歳。お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きで、しょっちゅうだっこをしてもらい、転んだ時はお兄ちゃんの胸で泣き、自分に難しいことはお姉ちゃんにお願いする、かわいいものが大好きな女の子。新一君も荘子ちゃんも、自分が母親にしてもらった通りに、嬉しさいっぱいでかいがいしくお世話をしています。そんな風景もたっぷり入った歌になりました。

歌詞を見る試聴する

  • Grow Up
  • 新一君の妹で、当時小学2年生だった荘子ちゃんにインタビューをさせてもらいました。友達が多く、活発で、負けず嫌い。なんでも1番を狙っていき、クラスの男子にも一目置かれるような存在です。何事も努力で乗り越えていく原動力を聞くと、「次はできるかもしれないから!」。おそらく、彼女はいろんなことに挑戦し、成長していることに、本能で喜びを感じているのではないかと思います。それに翼を付けて歌にしてみました。

歌詞を見る試聴する

 
 

一途の楽曲は、無料で使えます。詳細はこちら