Home > 曲紹介 > 笑顔の記憶

曲紹介

笑顔の記憶

▼再生ボタンで試聴出来ます。

曲にこめた想い

〜今日伝えよう、感謝と愛の言葉を〜
太陽のように明るく、いつ寝ているかわからないくらいに働き、料理上手で学校行事には必ず来てくれたお母さんが、ある日交通事故で人生の大半の記憶を失います。忘れられた娘を筆頭に、家族みんなで記憶を取り戻そうと奮闘し、時間をかけながら絶望とも折り合いをつけていきます。母娘の絆の深さを教えてくれる歌です。

「笑顔の記憶」
作詞・作曲・編曲:一途


あんなに強く頼もしかった母さんが
白いベッドの上   子猫のような目で言った
「あなたはだあれ?」駆けてきた息が止まった
事故で頭を  強く打ち
20年もの記憶はリセット
子どもに戻った

マラソン大会はいつも応援にきてくれて
料理はおいしく   何をしても手際よく
子どもの持ち物は   夜なべして手作り
もうあの頃には戻れない
もうあの母さんには会えない
もう甘えていられない

そして今   あれから数年が過ぎ
後遺症はあるけれど
趣味だった編み物もできるようになったね
よかった   ほんとによかった
少しずつ少しずつ   笑顔の日々を作っていこうね

私を心から慈しんでくれた母さんと
わが子を愛する私と重なるの
よくばりだけど、家事も仕事も子育ても
みんなが喜ぶようにやってみたい
だって母さんがそうしてくれたから

こぼれる笑顔から生まれる記憶
始まりは大切に想い合うこと
昔の記憶は 私が受け持つから
また一緒に時を過ごして
少しずつ少しずつ  笑顔の記憶を作っていこうね

生きていてくれてありがとう
生きていてくれてありがとう
生きていてくれてありがとう
ああ母さんがいてくれてよかった

生きていてくれてありがとう
生きていてくれてありがとう
生きていてくれてありがとう
ああ母さんがいてくれてよかった

母さんがいてくれてよかった

CDのご購入はこちらから

数量:

-->