Home > 曲紹介 > オカン

曲紹介

オカン

▼再生ボタンで試聴出来ます。

曲にこめた想い

〜親孝行は「自立の証」〜
「オカン」が忙しそうで甘えることができず、本音は胸の内にしまい込む子ども時代を過ごし、うわべだけの家庭と感じても、自分の居場所を探し続けました。やがて社会に出て認められる存在になると、両親を理解し、自分が幸せにしてあげたいと思うようになります。大きな成長を遂げた方の歌です。

「オカン」
作詞・作曲・編曲:一途

オカン、ありがとうな
仕事で疲れ果てても
必死で守った家族の暮らし
教育だけは不自由なくと
身を削って働いた
ほんま、ありがとう
でも正直めっちゃ寂しかってん

自分の家やのに居場所がない
心底愛されてる実感も湧かへん
うわべだけの乾いた団欒
「オレはなんでこの家に生まれてきた?」
その答えも自分の幸せも
興味がないふりわからんふり

ほんまはもっと 一緒に笑い合いたかった
ほんまはもっと 一緒に話をしたかった
ほんまはもっと 一緒に泣いてほしかった
ほんまはもっと ほんまはもっと抱きしめてほしかった

オカン、ごめんやで
オレもちょっとええ年になってきた
オトンの白髪頭も切ないなあ
オカンのしゃべりはまるで音楽やのに
今まで素通りやった
ほんま、ごめんやで
でも正直今オカンに会いたいねん

ほんまはもっと 味方でいてほしかった
ほんまはもっと いつも励ましてほしかった
ほんまはもっと 素のオレを認めてほしかった
ほんまはもっと ほんまはもっと愛してほしかった

オレは小さい頃から思ってた
悲しみに声あげて泣かんでも

我慢すればいつか消えていく
誰かに迷惑かけるくらいなら
いっそ心にしまっておけばええ
気づきたくない孤独は暗闇
テレビ見とけば悩みなんか忘れる

オカン、オレわかった
この世には必要ないと思ってたオレやけど
今は自分のことを好きになりかけてる
仕事で認められて気づいてん
心が言ってる
オレも誰かに優しくしたい
人を心から愛してみたいって

今度帰ったら 一緒にメシ行こな
今度帰ったら 一緒に買いモン行こか
今度帰ったら   カラオケ付き合うで
今度帰ったら

オレがオカンを喜ばしたる
オレがオカンを幸せにする 
オレがオカンを笑わしたるで
楽しみにしといてや オカン

オレがオカンをずっと守ったる
オレがオカンの愚痴も聞いたる
オレはオカンが大切なんや
だから待っとってやオカン オカン  

オカン   オカン   オレのオカン
オカン   オカン   ありがとう   オカン

CDのご購入はこちらから

数量:

-->