Home > ブログ > 学校ライブ > 福井市 森田小学校(4〜6年生)のお友だちから感想文が届きました〜♪

ブログ

福井市 森田小学校(4〜6年生)のお友だちから感想文が届きました〜♪

  • 2018.12.14更新

いつもありがとうございます。

以前ライブをさせていただきました
森田小学校4〜6年生のお友達から、感想文が届きました!

森田小では、道徳教育総合推進事業「親子で学ぶ道徳講座」を
推進されており、コンサートに親子で参加いただいたり、
感想文も親子で1枚を書くという形になっておりました!


==
子>>>
あいちゃんはお母さんとお父さんがいなくなってかなしいだろうな
と思いました。ぼくはみんながいてよかったです。
一途さんはいじめられても今もがんばっていてすごいと思います。
ぼくもこれから元気に生きていきたいです。
子を守る親がとてもかっこよく見えて、ぼくも自分の子を守りたいと
思いました。
親>>>
「死んではダメ」「子は宝物」「一人じゃない」ことを
子どもにわかるよう具体的にトークされ、それを歌にし子どもたちに
伝えていたことが印象的でした。いじめられたりいやなことがあると
1人ぼっちになってしまうような気になりますが、そうじゃないことを
子に教えてくれてありがとうございました。

子>>>
ぼくがふつうだと思っていたことはきせきであって、お母さんや
お父さんに大切にされていることを大事にしたいです。
「どうせ」と言ったり自殺は考えないようにして、自分のことを
大事にしたいと思います。
親>>>
コンサートでお聞きした話に衝撃をうけたようでした。
愛情いっぱいの家庭で育つという、本来当然であり、当たり前で
あろうことが当たり前ではないという辛い現実があることを
知ったようです。大変残念な現実ですが、そこから命の大切さや
感謝の気持ちなどを学ばせていただいたようです。
素晴らしい経験をさせていただきました。いただいたあやとりで
毎日親子あやとりをするようになり、家族の団欒が増えました。

子>>>
自分がどれだけ大切かがわかりました。
「ぞう器移い植」で治したお医者さんはすごいと思いました。
どんなにつらい時があっても誰かに相談をしたり
解決法があると思うので、いじめにあっている人は
やってみてほしいと思います。
親>>>
家族構成や骨髄ドナー等の話しをしたことがなかったので、
話すきっかけになりました。ありがとうございました。
いじめはされている人あけではなく、する人も辛いのだと思います。
素晴らしいコンサートをありがとうございました。

子>>>
「ありがとう」と「ごめんね」を素直に伝えることが大事だなと
思いました。一途さんの話を聞いて心が目覚めました。
自分に「ありがとう」と心の中に伝えると、心が落ち着いて
いきました。
親>>>
娘の気持ちを落ち着かせた一途さんの歌、すごく聞いてみたいと
思いました。「ありがとう」「ごめんね」を素直に伝えられる子に
育って欲しいです。

子>>>
命の大切さを学べた気がします。一途さんも大変な思いいを
されて今この活動ができるんだと思います。
ぼくも前を向いて生きたいと思いました。
親>>>
一途の方々のお話(エピソード、歌詞)をとてもよく覚えていました。
よほど心に残ったようです。今回のことを機に、自分をまず大事に
していってほしいと思います。
「いじめ」をしないのは、きっと他の人を思いやる心があるから。
それなら、まずは自分を大事にできる人になって欲しい。
親もそのようなことを考えました。

子>>>
命は大切ということをあらためて知ることができました。
「ウチが希望をなくさなかった理由」が心に残りました。
最初はとてもかわいそうだなと思ったけど、歌を聞いていくうちに、
おばあちゃんの愛があってすごくいい歌だなと思いました。
わたしも家族に愛されているから生きていられるんだなと思いました。
親>>>
身近ではない境遇だったけど、とても心に響きました。
子どもたちにもすごく伝わったと思います。ありがとうございました。

子>>>
いろいろな人がいるんだなと思いました。もし私がいじめられても、
必ず1人は味方がいるということを覚えておきたいです。
「人を大切にするにはまず自分を大切にしないといけない」
という言葉が一番心に残りました。
親>>>
どの世代にも起こりうるいじめについて、もし自分に起きたら決して
1人で悩まず、相談すること。恥ずかしいことではないので、
辛いこと、悲しいこと、楽しいこと、なんでも話せる一番の味方でいる
と伝えました。

子>>>
とても心にひびく歌ばかりでした。うまくいかないこと、やりたくない
ことなどたくさんあるけど、うまくいくこともたくさんあると思うから、
「自さつ」や「いじめ」はぜったいにしてはいけないと思いました。
あらためて、自分が必要とされている意味がわかったような気が
しました。自分は自分らしくいたいと思いました。
親>>>
自分を大切にする、相手を思いやるということを学べたのだと
感じました。言うのはかんたんですが、行動できるように
心優しく成長してほしいと思います。

子>>>
「自分を大切に」「味方がいる」と聞いて「自分を大切にして
いこう!!」と思いました。
自分を大切にして、自分をしっかり認めます。
歌を聞いてはずかしくて泣けなかったけど、泣きそうでした。
味方がいるから、1人でなやまず相談してみようと思いました。
何か悲しいことがあったら、一途さんの歌と笑顔を思い出して自分に
「ありがとう」を言って元気付けます。
親>>>
友だちもそうですが、親もいつでも見守って子どもの味方でいて
あげようと思います。そのために、いつでも話しやすい環境を作って
おこうと思いました。子どもには、自分を大切にし、愛してあげる、
いつでも見守っている家族がそばにいることを忘れないでいて欲しいと思います。
==
以上です。

親子の絆や愛情を強く感じさせる感想が多く、感動しました〜!

日常が当たり前ではなく奇跡だと気づいた子、
自分にありがとうを言うと心が落ち着くと知った子、
自分は必要な人間だと感じた子。
それを温かく見守り、安心できる環境を作り、味方でいるよと伝える家族。

人生いろいろありますが、何があっても
「家族みんなで力を合わせれば乗り越えていける」と思うだけで、
未来への不安も少し減る気がします。

森田っ子の感想文からそんなことを感じました。

素敵な感想をありがとうございました〜!





コメント

コメントする