Home > ブログ > 学校ライブ > 鯖江市 吉川小学校のお友達から感想文が届きました♪

ブログ

鯖江市 吉川小学校のお友達から感想文が届きました♪

  • 2018.11.26更新

いつもありがとうございます。

先日ライブをさせていただきました吉川小学校のみんなから
感想文が届きました!












こちらにも一部抜粋してご紹介させていただきたいと思います。

=====
『わたしは、ちょっとゆうきがでたかもしれません』

『ドンちゃんのぎたーがメラメラしてて、カッコヨかったよ』

『そのままでいてのうたが、かんどうしました。
 わたしもじぶんをだいじにしようとおもいました』

『じぶんもほかのひとも、だいじにしようとおもいました』

『かんどうしてすこし、ないちゃったけど、とってもいいうたが
 きけたから、とってもうれしかったです』

『いちずさんは心にゆうきのあるかんじでしゃべっていて
 わたしのくやしいことやかなしいことを幸せにしてくれそうです
 こんな幸せなじぶんはみたことがないぐらいです』

『いろんな歌をきくと、いろんなきもちになりました』

『いじめをなくしたとう思いが、ぼくにもよくつたわりました』

『心にのこったことは、自分は一人じゃないということです。
 歌を聞き終わったとき、自分の周りにはいっぱい友達がいると
 思いました』

『自分以外にもくるしんでいる人がいるんだとわかりました。
 それでもあきらめずに、いま、しあわせに暮らしていると知ったので
 私もくるしい心をすててしあわせになろうと思います』

『最後にやった、自分にありがとうというとき
 わたしはがんばっているんだと思い、気持ちがらくになりました。
 ほめほめゲームで自分にゆうきをもてたと思います』

『一途さんの歌は、やさしい気持ちでいっぱいで、
 すごくいい気持ちになれました』

『3人に会えてすごくうれしかったです。いろんな気持ちが伝わって
 うれしさがあふれてきました』

『心に手をあてて、ありがとう、とゆっていたとき、目からなみだが、
 こぼれそうでした。最ごの写真をとるとき、私は心の中で、
 今生きているのは、とても幸せで、きせきだなと思いました』

『3曲とも大切な歌だと思いました。ぎゃくたいされたりLGBTで
 なやんだりいじめられて本当の自分をだせなかったり、
 いろんな大変なことをのりこえて生きてきた人たちを思うと、
 少し心がいたくなります。だから、これから誰かがなやんでいたら、
 一緒にその子を応えんしたいと思いました』

『だれかに相談したりするのはいいことだと思うし、心が晴れると
 思います。1人でかかえるのは、大きなふたんが自分にかかるし、
 そのままかいけつしないことになるからです』

『私は、曲みたいにつらいことをたいけんしたことがないけど
 そんな気持ちになっている子がいたら、私が助けてあげたいです!』

『自分のいいところは自分ではわからないけれど、
 人に言ってもらうと、新たに自分のいいところが1つ増えた気がします』

『一途さんの歌で、いじめやぎゃくたいを無くしてほしいと思いました。
 いじめやぎゃくたいをされても、自分らしく生きようと思いました』

『歌は、人を楽しませたり、はげましたりする、人生の中でとても
 大切なものなのではないかと感じました』
=====

以上です。

吉川っ子が、あの純粋な目と心で受け取ってくれたんだな〜と
1枚1枚から伝わってきました。

心で感じたことを、文字にするってそう簡単なことではないけれど
みんな一生懸命に書いてくれていて、読んでいて目頭が熱くなりました〜!><

とりまとめてくださった先生方、お忙しい中ありがとうございました!

コメント

コメントする