Home > ブログ > 学校ライブ > あわら市 新郷小学校にてトーク&ライブをさせていただきました♪

ブログ

あわら市 新郷小学校にてトーク&ライブをさせていただきました♪

  • 2017.02.04更新

いつもありがとうございます。

このブログは、マネージャーの平田笑美香が
書かせていただいています。

2月4日(土)は、あわら市にあります 新郷小学校にて
トーク&ライブをさせていただきました!

体育館のステージは、とってもカラフルにデコレーションされていました。

ありがとうございます(*^◯^*)

こちらは2013年に応援歌『夢の風船』を制作させていただいた学校。
当時、新郷小学校のシンボルだった『陰徳の松』が枯れてしまい、
切り倒すことが決まっていました。

今後どうやって新郷小学校の心を伝えていこうか・・・と悩んだ末、
「歌にすれば枯れない」という答えにたどり着き、
当時の校長先生からご相談をいただいたことがきっかけでした。

(応援歌贈呈式のブログはこちら ♪

校内の掲示板には、
前回のライブの様子の写真などを飾ってくださっていました(≧▽≦)


新郷小学校は、来年度より本荘小学校と統合されます。

校長先生が、

「学校はなくなってしまうけれど、 歌はなくなりません。
 歌に込められた想いを、みなさんで受け継いでいってほしいと
 思います」

とお話をしてくださいました。

「一途さん、どうぞ~!」のかけ声で、入場させていただきました!

大きな拍手とハイタッチで迎えてくださり、ありがとうございます(^^)

どんちゃん&くまちゃん「久しぶり~!」

どんちゃん「一途のこと、覚えてる子~?」

前回のライブを聴いてくれた、高学年からたくさん手があがりました♪
保護者の方々も覚えていてくださっていました♪

前回のライブの時に、低学年だったみんなが
すっかり高学年のお兄さん・お姉さんになっていて一途も感激です♪

ど「実は僕たち…兄弟です!
  くまちゃんがお兄ちゃんで、僕が弟なんだ~」

という自己紹介に、低学年のお友だちはちょっとびっくりした表情!


ど「みんな、本荘小学校へ統合されることで、不安もあるかと思うけど、
  極端な話、お友だちが0人と、100人。どっちが幸せだと思う?」

この問いかけに、低学年のお友だちから

「100人!」

と元気いっぱいの声が!

「そうだよね。みんなはね、本荘小へお友だちを増やしに行けるの。
 だから、みんなはとってもラッキーなんだよ☆」

★1.ウチが希望をなくさなかった理由(わけ)

まず、この歌の主人公「あいちゃん」の現在の写真を見てもらいました。
とっても明るい、お友だちがたくさんいる女の子です。

写真から伝わってくる、あいちゃんの楽しそうな笑顔に
新郷っ子もつられて笑顔に♪

しかし、子どもの頃、とってもつらい経験をしてきたんです。
突然いなくなってしまったお母さん。
あいちゃんをいじめるようになったおばさん。

あいちゃんの生い立ちを話し始めると、
みんな、驚いた表情になりました。

とてもつらい経験をしてきたのに、グレたり、自分を傷つけたりせず、
大人になった今も明るく、皆から愛されるとっても素敵な女性です。

ど「あいちゃんが、なぜ希望をなくさなかったのか。
  その理由を、曲の中で探してみてください」

涙をぬぐいながら、聞いてくださる保護者の方もいらっしゃいました。

ど「あいちゃんの味方はたったひとり、おばあちゃんだったんだね」

く「おばあちゃんがいてくれたからこそ、あいちゃんの笑顔が
  あるんだね☆」

たった1人でも、あいちゃんにとって、おばあちゃんは大きな味方でした。

みんなの周りの先生たちも、お家の人も、これからもずっと、
みんな1人ひとりの味方でいたいと思っています。

そして新郷っ子も、誰かを助ける「ひとり」になれるんです。

ど「本荘小に行っても、大人になっても、
 困っている人がいたら助けてあげて。声をかけてあげてね」

☆ホメホメゲーム

ど「どんちゃんはね、お友だちをつくるのが大好きなんだよ~♪」

そこで、新郷っ子のみなさんに、お友だちをつくるゲーム、
「ホメホメゲーム」にチャレンジしてもらいました☆

向かい合って、お友だちのいいところを伝え合います!



照れながらも、笑顔いっぱいでお友だちのいいところを指折り数えて
伝えあう姿に一途もつられて笑顔になってしまいました(*^^*)

新郷っ子のみなさんだけでなく、保護者席でお母さん&娘さんのペアで
やってくださっている方もいらっしゃいました(*^^*)

く「本荘小学校に行ったら、相手の目を見ていいところを言ってみよう☆
  そうしたらたくさん友だちできちゃうよ!」

☆夢を膨らませようゲーム

続いて、自分の夢を、お友だちに話してもらいました!
そして、夢を聞かせてもらったお友だちは、相手に一言コメント♪


嬉しそうに、笑いあいながら夢を語り合ってくれました。

ここで、くまちゃんが新郷っ子のいいところを発見しました!
「新郷っ子のいいところは、目を見て話すところ。
 そして、とっても優しいところ。 
 このみんなの文化を本荘っ子にも教えてあげてね。       
 そうしたら、みんな優しい子になっていくね!」

★2.ぼくのゆめ

今の日本に「当たり前」にある生活って、とってもありがたいこと。

ごはんが食べられない国の子どもたちの様子をお話しすると
みんな、真剣な表情で聞いてくれました。


曲中、一緒に歌ってくれるお友だちもいました♪
ありがとう〜〜(^O^)

どんちゃんがみんなに質問します。

「どうして、夢があるといいんだろう?
 どうして、大人たちは『夢を持とう』っていうんだと思う?

 それはね、幸せになるためです。
 みんなは、幸せになるために生まれてきたんだよ。
 幸せになっちゃいけない人なんていない。

 夢を持って、叶えていくことで、
 みんなが幸せになってほしいって願ってるからなんだよ♪」

実は、体育館の後ろには、新郷っ子のみんなだけではなく、
先生方や保護者の方の夢が、風船の形で飾られていました。

先生のアイデアだそうですが、楽曲のタイトル通り「夢の風船」!

みんなの夢が、希望でふくらみ、大空に舞い上がっていく・・・☆

そんな曲のイメージに、ピッタリの演出でした♪


★3.夢の風船〜あわら市新郷小学校応援歌〜

2013年に、新郷小学校のみなさんに
インタビューをさせていただき、制作した応援歌。

みんなで、保護者のみなさんの方を向いて歌ってもらいました。

低学年のお友だちが前に行けるように、
高学年のお兄さん・お姉さんがスピーディーに場所移動☆

ここにも、新郷っ子のさりげない優しさや、
学年を超えた仲の良さが垣間見られました。


保護者の方々も、写真や動画を記念に撮りながら
一緒に歌って、楽しんでくださいました♪

これを練習として、もう一回、歌うことにしました!(*^◯^*)

「新郷小学校」のみんなと歌うのは、これで最後。

だけれども、どんちゃんが言います。

「この歌をつくらせてもらったのは、一途の宝物だよ!」

く「本荘っ子たちは、みんなが来てくれるのを楽しみに待ってると
  思うよ」

歌い終わって、どんちゃんとくまちゃんがお話しました。

夢をかなえる方法……それは、
「周りの人を大切にすること」


周りの人から応援してもらえる人になって、夢を叶えていってね!
とエールを送らせていただき、一途のライブは終了となりました。

そこで!!なんと!!

みんなからのサプライズで、

もう一度『夢の風船』を歌ってくれました☆


歌詞に出てくる「四つ葉のクローバー」の飾りもポケットから
飛び出したり、オリジナルのかわいいダンスが加わっていました!

そんな新郷っ子の気持ちが嬉しくって、
どんちゃんも、くまちゃんもウルウル…!

そんなスペシャルサプライズのあと
代表の子より、綺麗な花束と笑顔いっぱいのメッセージを
いただきました!

「歌と、お話をありがとうございました!」

こちらこそ、本当にありがとうございます!

最後にPTA会長さんからのご挨拶をいただきました。

「新郷っ子のために、本当にありがとうございました。
 思いを伝えること、誰かを助けること、褒めること、
 夢を持つことの大切さを教えていただきました。
 これからは、僕たちみんなで、新郷っ子たちを見守っていきます」

今回のライブで保護者の方や先生方からの、
新郷っ子への愛情も、強く伝わってきました!

★4.Grow Up

退場の直前に、低学年の先生から

「もしできれば・・・、最後にGrow Upも歌ってもらえませんか?」

とリクエストをいただき、喜んで歌わせていただきました!(*^◯^*)

チャレンジし続けることの大切さを教えてくれた、
小学校2年生の女の子の歌です。

ど「みんなが本荘小へ行くことは、新しいチャレンジだよ!」

新郷っ子が、春から新しい場所でGrow Upできることを
願っています!

なんと、みんなでGrow Upの曲も練習してくれていたそうで
一緒に歌ってくれました♪

どんどんジャンプが高くなっていくみんなの姿に、
一途も大感動です(≧▽≦)

先生や保護者の方も一緒にジャンプをしてくださいました!


ど「お家の人や先生がジャンプしてくれるのは、みんなが
  このライブをもーっと自由に楽しめるようにするためなんだよ♪
  みんなへの愛だね♪」

最後に、どんちゃんが言います。

「新郷の世界一の愛情を、本荘っ子にも伝えてあげてください」

その言葉に、低学年の子から

「はいっ!」

という頼もしいお返事が帰ってきました!

退場の時、ハイタッチをしながら見えなくなるまで見送ってくれました♪


とっても盛り上がったライブとなりました!

帰りに、楽曲制作依頼をしてくださった当時の校長先生(女性)と
記念撮影♪

この先生は風船でいろんなものを作る名人で、
子どもたちにもたくさんプレゼントをしていたそうです。
だから曲のタイトルにも「風船」が入りました☆

そして現校長先生には、一途なこころを
プレゼントさせていただきました。


最後になりましたが、
PTAの皆様が、搬入&撤収を手伝ってくださったおかげさまで、
スピーディーに準備と片付けを終えることができました(*´▽`*)
本当にありがとうございました!

「新郷小学校」としては最後のライブでしたが、次は、
本荘小学校でみんなに会えることを、心から楽しみにしています!

=====

翌日2月5日にはこのことが日刊県民福井にも掲載されました♪

中田記者、ありがとうございました!

=====
3月のあわら市広報にも掲載されました♪



一途にとっても、本当にいい思い出となりました。
ありがとうございました!

コメント

コメントする