Home > ブログ > 幼稚園・保育園ライブ > 越前市小曽原保育所にてトーク&ライブをさせていただきました♪

ブログ

越前市小曽原保育所にてトーク&ライブをさせていただきました♪

  • 2012.02.17更新

いつもありがとうございます。

2月15日(水)は、越前市にあります小曽原(おぞわら)保育所にてトーク&ライブをさせていただきました!

0歳児さんから年長さんまで、みんなで一緒に盛り上がりましたよ〜。

60分が、あっという間!素直な表現と歌声に癒されちゃいました♪

おちょきん(正座)してくれていますね♪

今回は一途の歌(ここにおいで、HUG、Grow Up)や童謡、そして途中に一途クイズなどを織り交ぜて歌ってみました。

子ども達はどんな風に聞いてくれるのかな〜と思って楽しみにしていたのですが、一つ発見しました。

それは「身体で聴く」ということです。

元気な歌は手拍子をしたり、揺れてみたり。

「夕焼け小焼け」のようなゆっくりした曲になると、あくびをしてちょっぴり眠そうになったり・・・(^^*)

トークになると、頷いたり返事をしたり、クイズでは思いを巡らして大きな声で答えてみたり。

自分のこと好きな人~?は~い!

「HUG」では、自分のことをずっと大好きでいてね、というトークをし、「ここにおいで」では、わかりきったことではありますが、お母さん方が子ども達にとって「おいで」って言ってもらえると嬉しい一番大切な存在なんですよね〜ということをお話しました。

お母さん方が、みんなほんわか優しい表情をされていたのが印象的でした〜♪

そして最後の「Grow Up」では、全員がタンバリンやマラカス、鈴を鳴らして一緒に演奏してくれました〜!

そしてもちろん「Grow Up」ジャンプにもチャレンジしてもらいましたが、すっごく上手!

先生もすごいジャンプ力!

小さな身体で、小さなあんよで、ぴょんこ!と飛ぶ様子は、思い出すだけでもニヤけますうふふ。

小さな手で鈴を持ち、もう片方のグーにした手で鈴をトントン叩いて音を出しているところも、私の手が止まってしまうくらいに見とれてしまいました。かわいすぎる〜。

お母さんたちもご一緒に~♪

また、先生方が一人をおんぶ二人を両脇にだっこしているのを見たり、子ども達と一緒になって雪遊びをしていたり、お茶を持って来てくださった先生が炊事洗濯いい子いい子をこなす”お母さん”の手をしていたりと、ここの子たちはきっと幸せなんだろうな〜なんて思いました♪

完全に癒され、パワーをいただいちゃったトーク&ライブとなりまして恐縮なのですが、満喫させていただいちゃいました。

小曽原保育所の先生方、子ども達、お母さん方、本当にありがとうございましたー!!

コメント

コメントする