Home > ブログ > 慰問ライブ > 2012年一発目!社会福祉法人福授園さんにてトーク&ライブをさせていただきました♪

ブログ

2012年一発目!社会福祉法人福授園さんにてトーク&ライブをさせていただきました♪

  • 2012.01.08更新

いつもありがとうございます。

2012年1月7日(土)は鯖江市にあります福授園さんにて、トーク&ライブをさせていただきました~!

いくつか事業所があるのですが、そこに通われる利用者さんたちの「成人式&お誕生日会」というとても大切な会にお招きいただき、新年一発目のライブとしてはとっても光栄なステージとなりました!

まずは成人式から。

私達も参列させていただき、鯖江市長、牧野百男氏のご挨拶や支援者からの心温まる応援メッセージ、また成人の日を迎えた方々からの決意をお聞きしました。

中でもとっても胸を打たれたのが、「大人としての基本マナーをしっかりと身に着け、仕事に精進することで、支えてくれる家族や福授園のみなさんに、ご恩を返していきたい」という決意です。

成人式とは、めでたく、明るいイベントという反面、大人としての責任を持つということ、そして周囲からもそうみられるという境目の日でもあると思います。

自分の身の置き方というものを考え、そしてみんなの前でそれを発表している彼らに、大きな拍手が沸き起こりました。


次は会食ということで、一途3人もバラバラになってみなさんのテーブルに入れてもらい、一緒に昼食をいただきました。

手作りのちらし寿司や豚汁を、みんなでおいしくいただきました♪


そしてお誕生日会。

1月生まれの方々が前に出て記念品をもらい、所長さんと記念撮影をされていました。

司会進行をする職員さん、利用者さんが盛り上げていました。(^▽^)


最後に「新春スペシャルライブ」と銘打たれました私達のライブです。

お腹もいっぱいで♪

1.Let’s Go!~越前市大虫小学校応援歌~
2.カンテラ
3.Grow Up
4.愛の星を守り継ぐ者

2曲目にあります「カンテラ」は、一途の新曲になります。

作詞者は、この福授園さんの利用者である、Wさん(男性)。

年末にいくつか詩を拝見させていただいたのですが、短い中にもまっすぐな想いが見え、それがとても控えめに書かれているのに、最後にずしんと響く言葉があったりと、本当に素晴らしい詩でした。

頂いた詩いくつかを合体させたり、「短いのにグッとくる」という魅力を出すには私達の力が足りず、及ばずながら言葉をちょっと足したりしてこの歌が出来上がりました。

歌詞をこちらにご紹介いたしますね。

【カンテラ】

周りが暗いと心も暗くなる
心が暗いと人に背中を向けたくなる
だから今私が明るく灯そう
夢や希望を見つけて灯そう

薄暗い光しか放てないカンテラは
役に立ちそうもないひかりで
みんなをほんのりと照らしてる
消えかかっても精一杯消えまいと

未来が不安でも 私がいる
私があなたを 笑顔にする
命の大切さ 教えてくれた
踏まれても踏まれても 咲く花のように

薄暗い光しか放てないカンテラは
役に立ちそうもないひかりで
あなたをほんのりと照らしてる
役に立つのならと言うかのように

そよ風が頬を撫でるように
せせらぎの音が胸を満たすように
母が私をそっと励ますように
この世界は愛にあふれている

薄暗い光しか放てないカンテラは
役に立ちそうもない光で
みんなをほんのりと照らしてる
消えかかっても 精一杯消えまいと

優しさや思いやる気持ちを集めて
あなたに届けよう
いつか私のこの身が朽ちたとしても
あたたかな光は残る
薄暗いカンテラのように
みんなをほんのりと照らす



詩を書いてくださったWさんはもちろん、利用者のみなさんが真剣に耳を傾けてくださいました。

「どんな歌詞だろう」と、耳をそばだててくださっているのが不思議と伝わってきて、私達も力が入りました~。(*^_^*)


大きな力はないけれど、
淡い、ほのかな光で照らし続けるよ。
自分でよければ、あなたのために精いっぱい、
あかりを灯すよ。

そんなことを歌っている歌です。

このWさんから花束を受け取ったときには、本当に感動しました〜!


障がいを持っている方々にとって、社会に出ることは一つの大きな夢であり希望です。

でもその夢を叶える人は、まだほんの一部の方々だけです。

それは、社会がまだ受け入れるための準備を整えている最中だからですが、彼らは文句ひとつ口にせず「自分のできること」を日々真面目に取り組み、成長するための挑戦を続けておられます。

この歌ができたとき、自分は今の自分にあぐらをかいていないか、精いっぱいの努力をしているか、行動をしているか、と反省しました。

同時に、この謙虚さも見習わなければと強く感じました。


「生きている」のではなく、「生かされている」のだということを、この年末はずっと考えていました。

すぐに忘れてしまう私ですが、こうやって時々喝を入れてもらえる環境に感謝しなければと思います。

ありがたいことです。

私達も「カンテラ」のように、できることを精いっぱい、限界を決めず、明かりを灯して参りたいと思います。

ステージ前に集まってダンス〜♪


福授園さんのおめでたい日にこうしてお招きいただき、本当にありがとうございました。

聞くところによれば、この20年、こんなに盛り上がった成人式はなかったそうです。

また是非みなさんと一緒に歌いたいと思います♪

職員さん、利用者の皆さん、心より、ありがとうございました~!!

–3/14追記
福授園さんが、後日ブログに掲載して下さっていました♪ありがとうございます!
【一途コンサートIN福授園!】


コメント

コメントする