Home > ブログ > 学校ライブ > 気山小ヨイヨイ音頭の振り付けが完成しました〜♪

ブログ

気山小ヨイヨイ音頭の振り付けが完成しました〜♪

  • 2015.11.14更新

いつもありがとうございます。

11月14日(土)は、若狭町にあります気山小学校に
お邪魔してきました!

こちらにお邪魔するのは3度目となります。
1回目 祖父母を招いての感謝の集いの中でコンサート
2回目 気山小ヨイヨイ音頭お披露目コンサート

今年の夏に完成した「気山小ヨイヨイ音頭」ですが、
その振り付けを子どもたちで作りあげ、
地域の皆さんや一途を招いて披露してくれたのです〜〜♪

この日がとっても楽しみだった私たち!
もうワクワクです〜〜!!

廊下には前回書かせて頂いた色紙や取材された新聞も
掲示してくださっていました!

こんな飾りまでしてくれてありがとうございます!


「一途さぁ〜〜〜〜ん♡」

という呼びかけで、

「はぁ〜〜〜い!!!!」

と後ろ扉から登場させていただきました!

最初の30分は、一途のライブをさせてくださいました。

☆フィリピンのゴミ山で暮らす子どもたちトーク

写真を見てもらいながら、どんな暮らしをしているのか
お話しました。

学校にもいけず、満足にご飯も食べられず、
電気もトイレもない家で暮らしている子たち。

それでも笑顔で家族仲良く暮らしている姿を、
気山っ子も、地域のみなさんも、真剣に見てくださいました。



★1.ぼくのゆめ

「みんなとしっかり手をつなぎ
 みんなのいいとこ探していこう
 楽しい未来にしていけるよ」

というフレーズの入ったこの歌を、
スクリーンに出る歌詞を読みながら聞いていただきました。



☆褒め褒めゲーム!

ペアになって、1分間相手のいい所を言い合う
というゲームをしました。


恥ずかしそうにしながらも、ニッコニコ!!!
お友だちに褒められると、やっぱり嬉しいよね〜♪
そんな子どもたちを見ながら私たちもニコニコなのでした♪

褒めるということは、相手のいいところを見つけることでもあり、
「自分と違うことを知る」ことでもあるんだよ、と
お話しました。


☆ つまらない人生って、どんな人生?トーク

それは、失敗をしない人生。

失敗をしないということは、チャレンジしていない証拠。

失敗したっていい。
「よし、次だ!」と、どんどん進んで行こう!
とお話しました。


★2.Grow Up

みんなで「グロウアーップ!」と叫びながら
ジャンプしました!


地域のみなさんも、ありがとうございます!

気山小のすごいところでもあるんですが、
みんなとっても大きな声が出せるんです。
人数が少ない学校なのに、一つになった声は
他の学校とも引けを取りません。

もちろん大きな声を出すのが苦手な子もいるでしょう。
でも、その分をカバーし合えるのが、気山っ子たち。

曲中、曇っていた空からお日様も顔を出し、
楽しそうに歌う子ども達を明るく照らしてくれました。

そのお日様が「さあいけ!命いっぱいに輝け!」と

子どもたちを応援しているように感じて、
なんだか目頭が熱くなっちゃいました〜。

☆4〜6年生による振り付けお披露目!

ついにこの時間がやってきました!

4年生〜6年生のみんなが、前に出てきて、
気山小ヨイヨイ音頭の振り付けを披露してくれました!


先生のお話では、チームに分かれて振り付けを考え、
それぞれいいところを集めて作り上げたそうです。

すべて子どもたちが考えたそうで(す、すごい!)、
手を繋いだり、こぶしを空に突き上げたり、
とっても子どもらしく、キュートで元気な振り付けになりました!


これを見ている地域の皆さんも、ニコニコ笑顔でした〜♪



愛情が伝わってきますね〜♪

☆6年生によるレクチャータイム

二人の女の子が前に出て、

低学年の子たち、そして集まってくださった地域のみなさんに
レクチャーしてくれました!

MちゃんとAちゃんの

教え方が本当に上手で、テキパキと、でも優しい教え方♪

勉強になります〜!

音楽の先生がピアノでゆっくり伴奏をしてくれて、
それに合わせて全員で踊ったりして、


地域のみなさんもだいたいマスターできたところで、


本番です!

★3.気山小ヨイヨイ音頭

まずは一度合わせてみようということで、
一途が演奏し、全員で輪になって踊りました!

中央で太鼓のY君が堂々と叩き、

その周りを6年生が輪になり、

さらにその周りを地域のみなさんと、気山っ子が
輪になって踊りました。

曲の最後に、MちゃんAちゃんの「せーの!」の声で
全員が「ヨイヨイヨイ!」とかけ声をかけてシメます。

なかなかいい感じです!!!

その後2回踊ったのですが、やはり回を重ねるごとに
踊りも上手になり、みなさんの動きが堂々としていって、
中には「暑いわ〜♪」と上着を脱ぐおじいちゃんおばあちゃんも♪

子ども、孫たち、そしてご近所さんと手をつないで、

元気いっぱいに踊る姿は、気山の土地と人の愛に溢れており、

この歌を作って本当に良かったなあと何度も思い、

感謝の気持ちでいっぱいになりました。



最後はみんなと記念撮影をし、

全員で書いてくれたメッセージをいただき、終了となりました。

このメッセージがまたみんなの感謝の気持ちが
いっぱい詰まっていて、温もりを感じました!


















名産であるうなぎのお弁当も頂いたのですが、
本当に美味しくって美味しくって、

(写真は頭の方は食べちゃったので、しっぽのほうですごめんなさい)
気山の自然の豊さ、土地のパワーというものを強く感じました!

撤収後、校長先生方とお話をさせていただいたのですが、

気山小にお邪魔して毎回感心することは、
子どもたちの自主性の高さです。

今回のお披露目でも感じましたが、
先生は子どもたちに思い切って任せるんです。

子どもたちは、それを受けて、ちゃんと全力を尽くし、
礼儀も尽くし、最後までやりきるんです。

先生が、ここでああしなさい、こう言いなさい、今だよ、
セリフはこれだよ、という指示することは一切ありませんでした。

先生方の指導、つまり、教える力、
見守る力(見守るって、実は大変なことですよね)
そして信じる力、そして助けるタイミングの見極め力、
それらがきっと高いのだろうな〜と想像しています。

子どもたちも、自分の先輩となるお兄ちゃんお姉ちゃんたちを見て
「自分もいつかこうなりたいな」という憧れを持っているようです。

太鼓のY君を見て、4年生の子が「いつか僕もやりたい」と
早くも立候補が始まったのだとか♪

レクチャーリーダーになってくれた
Mちゃん、Aちゃん、本当によく頑張ったね!ありがとう!

太鼓のY君も、音頭で重要なリズムを刻んでくれて
ありがとう!格好良かったよ〜!

学校主催のイベント以外でも、地元のお祭りなんかでも
この歌で盛り上がってくれると嬉しいな〜なんて思ってます♪

また一途も一緒に踊らせてくださいね〜〜!
ありがとうございました〜〜!

ーーー
翌々日の福井新聞に写真付きで掲載されました!
2015年11月16日付 福井新聞
柴田記者、ありがとうございました!




コメント

  1. いろんな小学校のペ-ジ見ますが、気山小学校のホ-ムペ-ジがとても
    イキイキしてて、何度も見たいと思わせる楽しい画面です。いちずさんの
    気山音頭もスゴ-く気にいってます。
      生徒さんの表情も、すごく好きです。(個人的な意見ですが)どなたが
    更新されてるんでしょうか。
       これからも宜しくお願いします。

    投稿者  高橋 好子 — 2016年8月31日 1:40 PM

  2. 高橋 好子さん

    コメントありがとうございます!
    気山小音頭を気に入って頂けてとっても嬉しいです!
    一途メンバーみんな大好きな音頭です〜♪
    このブログの記事は、一途みっこが担当しています。
    同じく写真は、マネージャーが担当しています。
    今後とも、温かく見守って頂けますと嬉しいです☆

    投稿者 一途 — 2016年9月5日 4:05 PM

コメントする