Home > ブログ > 学校ライブ > 北中山小学校にてトーク&ライブをさせていただきました♪

ブログ

北中山小学校にてトーク&ライブをさせていただきました♪

  • 2015.10.17更新

いつもありがとうございます。

10月17日(土)は、鯖江市北中山小学校にて

PTA保護者学級が開催され、一途がコンサートをさせて
いただきました!

今回のライブには、羽水高校放送部の子たちが
カメラを持って取材にも来てくださいました〜♪

ここ北中山小学校でライブをするのは、4年ぶり2回目。
当時のブログはこちら

まずは自己紹介からです!

くまちゃんの年齢あてクイズに
「67歳!」
「93歳!」
「107歳!」
とまるでセリのように、どんどん上がって行きます!

答えを聞くと「ええぇええーーー!」と驚きの声。

帽子の中を見たいという子ども達に
「じゃあ目をつぶって」

「はい!どうぞ!」

すると子どもたち、大笑い〜〜♪♪

くまちゃんも満足げです♪

★自分は「宝物」トーク

どんちゃんが言います。

「みんなは人間だよね。でも他にも言い方があるよ。
 それは宝物。みんなのお父さんお母さんにも聞いてみよっか」

すると子どもたち、即立ち上がって振り返ります。

「お父さんお母さん、子どもたちは、宝物ですか?」

というどんちゃんの問いに、みなさんすぐに手を上げて下さいました!

子どもたちはとっても嬉しそう♪

★1.咲き始めた花

親は叱ったりもするけれど、いざ子どもの命が危ないとなったら、
全力で助けてくれるんだよ、というお話をしました。

その証拠となる、本当に起こった出来事を歌にした曲を、
みんなスクリーンの歌詞を見つめながら真剣に聞いてくれました。




★いじめトーク

どんちゃんは小学校の頃何度か「無視」をされたけれど、
家族がいたから平気だったこと。
今はこうして一つの経験談として話せるので、
あの経験も無駄じゃなかったと思えていることをお話しました。

くまちゃんは中学校の頃、ひどい暴行を受けるいじめがあったけど、
大人になってからその人が謝ってきたことをお話しました。

いじめは、いじめた人も、いじめられた人も、見ていただけの人も、
どの人にとっても悲劇でしかありません。
得になる人なんて、ほぼいません。

いじめなんかより、お友達と楽しく遊んで、いっぱいしゃべって笑って、
時々ケンカしても仲直りをして、楽しい思い出をいっぱい作って
欲しいと思います。

★2.そのままでいて

この歌の主人公は、いじめを受けることで、自己否定をするようになります。

しかし、助けてくれた人が「いっぱい褒めてくれる人」だったのです。

おかげで自分らしさを取り戻し、今はとても幸せに暮らしています。

この歌も、みんな真剣に聞いてくれました。



★3.命を詩にして

自殺だけは絶対にしてはならないことと、

自由は心の中にあることをお話ししてから歌いました。

つらいことがある子もいると思うけれど、
心は誰のものでもない、自分だけのもの。

楽しいことをいっぱい想像して、夢も持っていると、
つらいことが薄くなるよ、とお話しました。

★フィリピンのゴミ山での暮らしトーク

フィリピンのゴミ山で暮らしている子どもたちの
写真を見てもらいながら、どんな暮らしをしているのかを
お話しました。

学校にもいけず、ご飯を食べるためにゴミを拾い集め、
家には電気もトイレもなく、不衛生で病気にもかかりやすい。。。

それでもそこに住む人々は
「家族がいるから幸せだよ」
とおっしゃっているそうです。

子ども達は神妙な顔つきで写真を見て、
自分と同じくらいの子の暮らしぶりに驚いているようでした。

★4.ぼくのゆめ

夢を持っているかどうかを聞いてみたら、
半分くらいの子が手をあげてくれました!

おお〜すごい!

夢を叶えるには、身近な人を大切にすることだよ、とお話し
手を振ったり、手拍子をしてもらいながら、
歌を聞いてもらいました。



★褒め褒めゲーム

ペアになって、相手を1分間褒め合うゲームをしました。

するとみんな恥ずかしそう、でも、やっぱり嬉しそう♪

笑顔がいっぱいでした〜♪♪


★5.Let’s Go!〜越前市大虫小学校応援歌〜

お友達といっぱい遊んで、絆を深めよう、という
お話をしてから歌いました!

手拍子に、

ジャンプ!!

とっても盛り上がりました〜!



最後に、6年生から手作りの首飾り、

5年生から花束のプレゼントをいただきました!

ありがとうございます!

北中山小学校のみんなが、これからも仲良く、
思いやりを持った子たちでいてくれるといいなと思います♪

お招き下さったPTAの皆様、ありがとうございました!

またチャンスがありましたら、どうぞ一途を使ってくださいませ〜!










コメント

  1. 先日は素敵なコンサートありがとうございました。
    子供と帰り道に話をしました。
    一途さんの話をたくさん話してくれました。
    男の子なんですけど、少し泣きそうになったとも。

    たくさんのことを考え感じたようです。歌も覚えていて
    歌ってくれて。
    早速YouTubeで見ていました。

    その夜には僕のことどう思うって聞いてきたので
    宝物だよー。って言うととっても嬉しそうでした。


    皆さんの尊い活動に本当に頭が下がる思いです。
    実は子供と最近喧嘩が耐えなかったのですが
    これを機に収まってきています。

    これからも素敵な活動を続けてください。
    子供もまた一途さんの歌が聞きたいと言っていますので
    コンサートがあれば駆けつけたいです。


    本当にありがとうございました。
    お体に気をつけてくださいね。

    そうそう、なかなか片付けられない息子が
    頂いたあやとりを大事に袋にしまっていました。
    心を込めた思いはちゃんと伝わるんだなと思いました。


    それでは長文すみませんでした。
    また会う日まで楽しみにしています。

    投稿者 みーこ — 2015年10月22日 10:34 PM

  2. みーこさん

    コメントありがとうございます。
    読ませていただいて、親子の絆を思い出すきっかけに
    なれたのかなあと、大変嬉しく思います。
    「宝物だよ」とお母さんから言われて、
    どれだけ嬉しかったことでしょう・・・。
    想像するだけで私もにやけ顔になっちゃいます!^^
    愛されている実感は、大きな安心になるのでしょうね。
    きっと感受性が豊かな男の子なのだと思います。
    優しい柔らかな心のまま、伸びやかに育ってくれますように♪
    本当に嬉しいコメントをありがとうございました!
    またいつかライブでお会いできることを願っています♪

    投稿者 一途 — 2015年10月25日 5:24 PM

コメントする