Home > ブログ > 会場ライブ > あわら病院にて☆重心部門40周年☆のお祝いライブをさせていただきました♪

ブログ

あわら病院にて☆重心部門40周年☆のお祝いライブをさせていただきました♪

  • 2015.09.09更新

いつもありがとうございます。

9月9日(水)は、あわら病院の重心(重症心身障害児(者)医療)部門が、
40周年を迎えられるということで、お祝いのライブをさせていただきました!


職員さんが
「2歳で入所された方が、今42歳になられたということです」
と教えて下さり、その年月の重さをより感じることができました。

入場すると、利用者さんやそのご家族の皆さん、そして
職員さんたちがたくさん集まってくださっていました♪


私たちの自己紹介も、笑いながら聞いて下さって、
優しさが会場内に充満していることを感じます♪




職員さんがご用意くださった楽譜を
ありがたく使わせていただき、
みなさんが知っている歌を一緒にいっぱい歌いました!



そして気づいたのですが、みなさん、
手に、なんだか、超素敵なものを、持ってらっしゃる!!!!






これはジャニーズコンサートにもひけを取らない、
手作りの応援グッズです!

うちわには、鈴もついていて、ちょっと揺らすだけで
軽やかな音が鳴るように工夫されていました♪

曲の合間には、
私たちは普段、学校や福祉施設でライブをしていること、
親は子がいるから生きられること、
子は親が大好きなこと、
ここの職員さんは愛情が溢れていること、
いろいろお話をしたり、笑ったりしました♪



「ぼくのゆめ」を歌ったとき、
1番が終わった時点で拍手をいただけたのも、
本当に嬉しかったです♪
この歌を作ってくれた男の子の笑顔が思い浮かびました♪

最後は「団地音頭」を踊りました〜!




くまちゃんはみんなの中に入り、
手をつないでいました♪


「手があったかかった〜〜♡」とくまちゃんも嬉しそうでした♪

職員さんたちも、沢山盛り上げてくださり、
本当にありがとうございました〜!

利用者さんも、ニコニコでしたね〜〜♪♪

ライブが無事終了し、撤収をしていたのですが、
職員さんと利用者さんの様子が、とても微笑ましく、
また、見えない太い何かで互いに包み合っているように感じました。

横になってライブを楽しんでいた方々に、
移動車に乗ってもらうため、手助けをするときです。

職員さんが手を伸ばすと、身体から柔らかな別の手が何本も出てきて、
利用者さんも、手は動かないけれど、身体から別の手が何本も出てきて、
お互いにがっちりと繋がる、そんな風に感じました。

それはきっと、「信頼」や「いてくれてありがとう」といった
絆なのだろうなと思います。

その絆は、容易に生まれるものではなく、
互いが互いを認め、受け入れ合ったことで、
出来上がり、さらに太くなってきたのだろうなと思いました。

またここで、是非みなさんと一緒に歌いたいなと思います。
今回は呼んで頂けて光栄でした!

ありがとうございました〜!!!



コメント

コメントする