Home > ブログ > 東北応援ツアー > 東北応援ツアー第6弾~2日目:りぷらす~

ブログ

東北応援ツアー第6弾~2日目:りぷらす~

  • 2015.04.18更新

いつもありがとうございます。

4月18日(土)2件目のライブ場所は、
石巻市の河北にあります「りぷらす」さんです!

こちらは、
石巻市唯一のリハビリテーション複合サービス。

地域の方もお招きしようと、
道路に向かってこんな張り紙が!

リプラスさんは、
ケガや病気で筋力が衰えたお年寄りの方々が
自分のことを自分でできるようになるために
リハビリをする場所です。
ずっと通い続けるものではなく、
在宅生活を送れるまで回復したら卒業する、という
画期的なサービスを行っておられます。

実は去年の8月に訪問させて頂いたのですが、
(その時の様子はこちら♪

今回はライブをさせていただけるとのことで、
大喜びでお邪魔いたしました!


リプラスの橋本代表が最近ご結婚され、
拍手でみなさんとお祝いをしたのですが、
すかさずどんちゃんが聞きました。

ど「で、お子さんは何人くらい望んでいるんですか?」

は「3人、でしょうか」

ど「僕は、人の未来が見えるんです。橋本代表は、きっと!
  7人の子を持ち、かぁい〜♪かぁい〜♪と育て、
  山の古巣へ行ってまあるい目をしたいい子を持つはずです!」

ここでみなさんピンと来たようです♪

というわけで、セットリストはこちらで〜す!

1.七つの子

 言わずと知れた日本の童謡。
 みなさんも一緒に歌ってくださいました!


2.夕焼け小焼け

 橋本代表が夕焼けなら、
 オッチー(リプラスのスタッフさん)は小焼けだよね、
 というよくわからないどんちゃんのトーク展開に、皆さん大笑い♪
 オッチーさんに聞きます。
 「代表が朝焼けなら、オッチーは何?
 オッチーさん「こ、小焼け??」

 さすが頭の回転が早い!
 代表が頑張れるのは、オッチーさんみたいな人が
 支えてくれるからだね〜ということで
 これまた皆さんと一緒に歌いました♪



3.川の流れのように
 からの、愛燦々

 こちらは手を振って波のようにしながら
 みなさんお聞き下さいました〜!

4.団地音頭
 
 団地音頭の成り立ちや、グランプリ受賞をしたことを
 お話すると、みなさん「おお〜!」と拍手をしてくださいました!
 この歌が生まれるまでのお手伝いをしてくださった
 石巻復興支援ネットワークやっぺす隊の皆さんと
 ひまわり会のみなさんをここでご紹介!
 私も一緒に混じって団地音頭を楽しくり踊りました〜♪









5.いーぐする音頭

 ひまわり会さんたちの希望により、
 いつも踊っておられる「いーぐする音頭」を踊って頂きました♪
 皆さんも手拍子で盛り上げてくださいます♪




6.上を向いて歩こう

ど「では今から公式でいうところの、ラストソングです。
 もし皆さんがアンコールをしたい、ということであれば、
 この歌が終わる頃にすかさずアンコール!とおっしゃって下さいね。
 では始めますよ〜最後の歌ですよ〜♪」


 という相変わらずあけっぴろげなアンコールをおねだりし、
 みなさん大爆笑!
 リンリンバトンで手拍子をしながら全員で歌いました〜!


 オッチーさん、やっぺすのゆこりんとみかりんは
 軽やかなステップで♪

 歌い終わるや否や、すぐに「アンコール!」の声!

ど「うっそ〜〜〜ん!夢みたぁ〜〜〜い!!!」

 とわざとらしくも大喜びのどんちゃんw
 それにまたみんな大笑いでした〜♪

7.団地音頭

 最後の団地音頭は、橋本代表とオッチーさんも混じって
 一緒に踊って下さいました!




 笑顔いっぱいで、とっても楽しかったです〜♪

そして全員で記念撮影〜♪

撤収後、残ってくださったひまわり会さん、やっぺすさん、
そしてリプラスの代表とオッチーさんと握手をし、
「また会おうね!10月にまた来るね♪」
と約束をし合ってお別れをしました。

最後になりますが、
今回のライブ先を探して下さったやっぺす隊の皆様、
そして踊りで盛り上げて下さったひまわり会の皆様、
そしてライブをさせて下さった
大原小学校の皆様、
めだかの楽校の皆様、
南境第7団地の皆様、
りぷらすにお集りくださった地域の皆様、
本当にありがとうございました!!!

歌は心を通わせるツールだなあと、再実感しました。

遠く離れた見ず知らずの人と
「この歌知ってる」というだけで同じ楽しさを感じ、
思いを分かち合えるのです。

勉強ができるとか、性格がいいとか、話がうまいとか、
そういうことがまったくできなくても、
知っている歌があれば、目を合わせ、声を揃えて歌い、
それだけでなんだか嬉しくなれるというツール。

私たちは、童謡こそが年齢の垣根を越えることを実感しているので、
大切に歌い続けていきたいなと、再実感したのでした♪

東北応援ツアー第6弾~南三陸町の今~へと続きます。

コメント

コメントする