Home > 曲紹介 > 命を詩(うた)にして

曲紹介

命を詩(うた)にして

▼再生ボタンで試聴出来ます。

曲にこめた想い

〜「命を詩(うた)にして」に込めた想い〜
3度、医者に匙を投げられました。「もう生きられない」と。そのうち1回は、倒れた自分にみんなが必死に呼びかける姿を天井から見ていました。 その時思っていたことは「生きたい!死にたくない!」という燃えるほどに熱い気持ちでした。 今生きているということは、夢を叶えるチャンスをもらったということだと思っています。それは、私の歌詞にメロディをつけ、みんなで歌うことです。

「命を詩(うた)にして」
作詞:K眞由美 作曲・編曲:一途

私 死にませんでした
初めは2歳の小児麻痺
それを含め3回
お医者様もさじを投げた

けど私 死にませんでした
発作で倒れ生死を
さまよった10歳
余命3年と告げられた17歳

でも見つけたのです
生きていたい!という願いを
死にたくない!というプライドを

障がい者ではあるけれど
ハートは立派な健常者

苦しい麻痺にも痙攣発作にも
私は絶対負けません

私 不自由でした
病で苦しいときも
高熱のときも
手足が引きつって辛いときも

私 不自由でした
思い通り動く手足をください
身体の麻痺をなくしてください

でも見つけたのです
自由は心の中にあることを
詩に気持ちを
込めればいいことを

苦しかった麻痺が薄れ
心に光が差し込めば

言葉が指をつたって文字となる
心が開いて花 となる

私 生きていきます
苦しみに耐える時も
笑っている時も
詩を書くことができるのだから

私 生きていきます
手足が思い通りじゃなくても
身体の麻痺がなくならなくても

ほら見つけたのです
自由は心の中にあることを
詩に気持ちを
込めればいいことを

この手と足がある限り
胸の思いを詩にしよう

いつかみんなと一緒に歌いたい
笑って一緒に歌いたい

私 死にませんでした
命を残すために
私 生きていきます
詩を書いていきます

CDのご購入はこちらから